見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
再会の祝杯
ネパール・カトマンドゥ、 “タメル地区”(Thamel)のホテルに到着し、荷物を置いて一段落したときには夜の10時を回っていた。まともな食事は、日中飛行機の機内食を食べたとき以来だったので、疲れもあったが空腹だった。先生に至るは午前中の朝食にまで遡る。

さっそく少し遅い夕食を食べに、タメル地区を散策することにした。

Kathmandu20511-9.jpg
まずはビールで乾杯!ビールはもちろんネパール・ビールの “EVEREST”。

ホテルのあるタメル地区は世界的に有名な旅人街で、多くのホテルがこのエリアにひしめいており、大半の旅行者はこのエリア界隈に宿泊することになる。そんな場所だから、ホテルの周囲には無数のレストランや商店がある・・・はずなのだが、夜10時過ぎともなるとさすがに開いているお店はまばらで、良さそうなお店はないものかと、しばらく探すハメに。

夜向けの大音量で音楽を流す店などは避けて、どこかに静かで雰囲気のいい店はないかなと探すことしばし。とりあえずここでいいかと入ったのがツマミの揚げ物のみを出すというちょっと変わったお店。ま、いっかとまずは再会を祝してビールで乾杯しました。

注文したのはネパール・ビールの “エヴェレスト”(EVEREST)。ちなみに、ネパールの有名な地ビールは3種。一番メジャーなのがこの “エヴェレスト” で大抵の店で扱っている。他にも “ネパール・アイス”(Nepal Ice)と “ゴルカ”(GORKHA)という銘柄がある。

Kathmandu20511-10.jpg
フレンチフライにはじまり、サモサ、モモ、スプリングロールと、正に揚げ物だらけ。モチロン残した。

インドからやってきた僕にとっては、久しぶりのビール。インドでもレストランで飲めないことはないけど、メニューにないことも多いし、インドの物価的にも非常に高額と、なんだかんだで疎遠になっていた。そんなわけで、久しぶりのビールと飯。イヤー、たまらんかったです。

乾杯してしばらくすると、注文した揚げ物のオンパレードが。想像してたのの倍くらいの量でビビった。しかも、サモサはともかく、モモやスプリングロール(春巻き)まで揚げ物なんて。付いてきたソースが、タルタルソースとカレーソースだったんだけど、タルタルソースなんてしばらくぶりだったのでなかなかうまかった・・・んだけど、ここまで揚げ物づくしだとさすがにしんどい。食べきれずに残してしまった。結構頑張ったんだけどな~。

Kathmandu21011-1.jpg
ホテルの部屋の前のバルコニーには、美しい満月が浮かんでいた。

久しぶりの再会。久しぶりの酒。何を話したんだろう、正直言うとよく覚えていない。ただ、妙な安堵感だけ覚えている。きっと、インドのビール事情とか、ネパール・ビールの銘柄とか、とんでもない量の揚げ物とか、ありきたりな話題だったんだと思う。飲んで、食べて、話して、そして夜のタメルの街を、ゆっくり散策しながらホテルへの帰路についた。

深夜、ホテルの部屋の前に着くと、すぐ近くのバルコニーから満月が浮かんでいるのが見えた。満月はオレンジ色の強い輝きを放ち、ネパールの闇夜を照らしていた。
関連記事









exclusive60g.png

2011'02'12(Sat)19:40 [ カトマンドゥ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/437-20985823
trackback