見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
ホテル・カトマンドゥ
ネパール、カトマンドゥで宿泊したのは、“インターナショナル・ゲストハウス”(International G.H.)というホテル。インターナショナル・ゲストハウスは名前こそゲストハウスだが、設備的には中級ホテルに近い。ネパールでは1人旅から2人旅になるし、これまでの長旅の疲れを癒すため、ホテルのグレードを少し上げたのだが、その作戦は大成功だった。

グレードアップしたとは言っても、実際には2人で1泊14ドル~だから、インドルピーだと1人あたり317ルピー(2011年現在のレート)程度なので、実はインドの安宿とそんなに宿泊料金は変わらない。設備の割にはリーズナブルな、お値打ちホテルといったところだろうか。

Kathmandu21711-1.jpg
インターナショナル・ゲストハウス最大の魅力は、周囲から隔絶されたこの中庭。

朝、目が覚めるとそこは天国だった・・・と言うと大げさかもしれないが、長い間インドを旅してきた僕にとっては、そう言っても過言ではないほどの安らぎの空間が広がっていた。

僕が宿泊している5階の部屋から階段を降り、1階ロビーを経由して中庭に出るのだが、インターナショナル・ゲストハウスの最大の魅力は、なんと言ってもこの中庭に尽きる。手入れされた芝生とレンガ調の味のある壁面、ネワール風の装飾に彩られたこの中庭で、朝陽の光を浴びながらのんびり食べる朝食。だれにも邪魔されず、じっくり観光の計画を練るのだ。

Kathmandu21711-11.jpg
凝った彫刻が施された、ネワール風の柱や装飾。ちょっとしたところにセンスを感じる。

4月とはいえ、カトマンドゥの朝はまだ少し肌寒かった。インドの真夏のような暑さが幻のようだった。それでも、太陽が上に昇ってくるにつれ、徐々に過ごしやすい気温になってくるので、中庭で朝の時間を過ごしていると、いつの間にかTシャツになっていた。

Kathmandu21711-8.jpg Kathmandu21711-5.jpg
トースト、パンケーキ、目玉焼き、チャイ、フレッシュジュース・・・ホテルの中庭で食べる朝食。

さて、席についてメニューを見る。基本的に宿泊料金に朝食は付いているが、トーストパンケーキ(クレープ)に、目玉焼きスクランブルエッグオートミールなどから選択することができる。チャイコーヒーフレッシュジュースなどのドリンクも付いてくる。

注文すれば、ハチミツも持ってきてくれる(無料)のだが、小皿にドバーーっとすごい量のハチミツを持ってきてくれる。朝食を抜くこともあったインドの旅から見ればなんとも豪勢な朝食で、正に至れり尽くせりだ。おかげでカトマンドゥ滞在中は毎朝満腹だった。

朝食を考慮すると、インドの安宿よりずっとリーズナブルかもしれない。

Kathmandu21711-6.jpg
前日の夜、スーパーで購入したフルーツジュース。ザクロとメロンは珍しいけど味は・・・まぁ普通。

インターナショナル・ゲストハウスは、旅人街 “タメル地区”(Thamel)の西端のやや閑静な場所に位置している。タメル地区の中心は、昼夜問わずかなり賑やかなので、徒歩圏内で少し離れた場所に宿を取るのもいいかもしれない。インターナショナル・ゲストハウスから200mも歩けばタメル地区の中心なので、ホテルの立地はあまり中心エリアにこだわる必要はない。

尚、インターナショナル・ゲストハウスでは、空港からホテルまでの送迎タクシーが無料で出ているので、初日に空港から市街へ向かう場合や、最終日に市街から空港へ向かう場合にはありがたいサービスだ。うまく利用すれば、随分お得なのではないかと思う。

最後にもうひとつ驚き・・・受付カウンターのチベット系のお姉さんがとっても美人。チベット系の女性(もちろん男性も)は日本人と見た目が近いので、身近に感じる。

僕はインドからネパールを訪れたので、どうしてもインドとネパールの比較になってしまうが、そもそもインドでは女性がホテルの受付に立っていること(サービス業の女性)が一般的ではないので、そんなところもインドとネパールの文化の違いなのかな。

そうそう、人気のホテルなので、宿泊の際は予め予約しておくことをオススメします。
関連記事









exclusive60g.png

2011'02'17(Thu)22:21 [ カトマンドゥ ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


カトマンドゥのホテル選びでは
ノーマークでした(笑)

4月でもまだまだ朝は寒いのですね?

ネワール建築、特に木彫りの技術には
はっ!とさせられますよね!
赤レンガに木彫りの窓枠がとっても良く
合いますよね!

chempakaでした!
2011/02/19 21:11  | URL | chempaka #- [edit]


chempakaさん、こんにちは!

カトマンドゥは宿泊施設の選択肢が豊富で、インドに比べると
全般的に施設の水準が高いので、少し探せばお値打ちホテルが
見つかるかもしれませんね~。

僕はトリップアドバイザーで中庭の写真を見て、良さそうだな
と思って決めました。

気候もそうですが、ネパールとインドでは随分違うように感じ
ました。特に建築物は魅力的ですよね!
2011/02/20 08:15  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/442-6beb9c7e
trackback