見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
ダルバール・スクエアから再びタメルへ
ネパール・カトマンドゥのダルバール広場にある “Site Office” で大まかな撮影スポットを教えてもらい、それとなくそのスポットを探しながら周辺を散策した先生と僕。いくつか目星はついたものの、ここぞというスポットを発見できずにいた。

Nepal31011-22.jpg
タレジュ寺院の向かいの道には、比較的背の高い建築物が立ち並んでいた。

参考にした、チケットに印刷されている写真は、旧王宮 “ハヌマン・ドカ”(Hanuman Dhoka)に隣接して建っている三層式寺院、“タレジュ寺院”(Taleju Mandir)を上方から撮影したもので、どうやらどこかの建物の屋上から撮影したのに違いなかった。

とはいったものの、タレジュ寺院の周囲には比較的高さのある、似たような建物が点在していて、その多くはカフェやレストランの類になっていたので、撮影のためだけに気軽に出入りするわけにもいかず、また当然の如くそれらの建物にはエレベーターなどというものは存在しないので、ひたすら階段を上り下りしなければならないのだった。

Nepal31011-23.jpg Nepal31011-24.jpg
下から見るタレジュ寺院。なんとなく上から撮影した方がグッと来る。

その日は大まかに撮影スポットの目星を付けて、後日改めて訪れることにした。せっかく屋上レストランを利用して撮影するのだから、時間帯や天候が、よりイメージに近い時に訪れた方がいいだろうという判断だ。早朝、もしくは夕刻がベストだろうなと考えていた。

Nepal31011-25.jpg
ダルバール広場からすぐの細路地には、露店がひしめき合っていた。

さて、ダルバール広場からホテルのあるタメル地区への帰路。行きとは違うルートを散策しながら戻ることにした。ダルバール広場からタメル地区までのルートは、どの道もちょっとしたバザール街になっていて活気がある。行きとはまた違った発見が随所にあって、楽しめた。

Kathmandu31011-27.jpg
歯の神様が祀られたオブジェ、コインの木。子供たちがペタペタしてた。

しばらく行くと、右手に風変わりなオブジェのようなものがあった。オブジェの表面に無数のコインが貼り付けられている。ガイドブックを見ると、どうやらこれは “コインの木” というものらしい。歯の神様が祀られていて、周囲には歯医者が多いのだそうだ。

なんか子供たちがペタペタさわっていたけど、いくらさわっても歯は治らんと思うが・・・。

Kathmandu31011-28.jpg
タメル地区界隈の通りに戻ってきて、食事をすることに。

タメル地区の近くに戻ってきたときにはすっかり午後を回っていて、空腹だった。「お腹空いた、なんか食べよう」と先生が言うので、通り沿いにあったチベット料理系の安食堂に入ることにした。さすがはタメル地区。ファーストフードこそないものの、食事のバリエーションが豊富で大抵のものはあるので、何を食べるかついつい目移りしてしまう。

Kathmandu31011-29.jpg
チキン・モモ。日本人には親しみやすく、無難においしい料理の一つ。

レストランの席についてさっそく頼んだのは、インド・コルカタでも時々食べたチベット料理、“モモ”(Momo)。見ての通りギョウザみたいなものだが、ソースがカレーソースとホットソースしかないので、日本のギョウザを食べ慣れているとなんかしっくりこない。コルカタの香港飯店では醤油があったからなぁ・・・などとちょっと懐かしい思い出に浸ったりして。

Kathmandu31011-30.jpg Kathmandu31011-31.jpg
山盛りのチョウメン(左)とタントゥク(右)。タントゥクはきしめんのような麺料理。

それと、“チョウメン”(Chowmein)と “タントゥク”(Thenthuk)。チョウメンは焼きそば、タントゥクはきしめんのような平麺。普通の大衆食堂で、リーズナブルだけど味はそこそこ。でもなかなか量があったから、満腹になりました。ネパールのレストランではカレーソースが付いてくることが多いんだけど、ちょっとクセがあるので、僕はあまり好きじゃなかった。

遅めの昼食を食べて、店を後にした。カトマンドゥは散策するのにちょうどいい大きさの街だ。「さあ次はどこに行こうか」僕たちは再び歩きはじめた。早くも先生は目の前にある素朴な民俗調のビーズを使ったアクセサリーショップに興味津々なようだ。

ネパールのカラっと乾燥した穏やかな午後の風が、僕たちの間を吹き抜けていった。
関連記事









exclusive60g.png

2011'04'13(Wed)20:49 [ カトマンドゥ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/457-25c6523f
trackback