見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
手から手へ
ずっとこのブログを見て頂いている方は、ブログのタイトル “見上げれば、そのすべては自由なのだから” というネーミングが、僕が手掛けるブランドのシーズンテーマを使用したものだというのを以前の記事で書いたことがあるので、知っているかもしれません。

震災の記事を書いていたら、そういえば昔制作したことがあったのを思い出したんです。当時は確かDMとか、展示会のスワッチとか、カットソーのプリントとか、震災とは全く関係のない用途のためにデザインしたのですが、“見上げれば・・・” と同じく、テーマにしているメッセージ性が現在の境遇に合っているなと思い、ちょっと引っ張り出してみました。

Hands31811-5.jpg

手から手へ
人から人へ
持てる者から持たざる者へ
よりよい未来のために
みんなの幸福のために



それぞれフランス語と日本語でメッセージを記してあります。
何の変哲もないシンプルなメッセージですが、今の日本に捧げたいと思います。

思いやりの気持ちを大切に、がんばろうよニッポン。


参考記事: 見上げれば、そのすべては自由なのだから
関連記事









exclusive60g.png

2011'03'18(Fri)19:13 [ ひとりごと ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


このコメントは管理人のみ閲覧できます
2011/03/19 14:29  | | # [edit]


こんにちは。

人はなぜ生きるのか。
なぜでしょうね、その答えは僕にも分かりません。

一度生を受けたからには、人は精一杯生きる努力をする義務があるような
気がします。でも、難しい理屈は僕にも分かりません。

もしかしたら、生きる理由は自分自身のためではなく、自分が愛する人たち
、あるいは愛してくれる人たちのためなのかもしれません。

ただ、一つだけ僕が言えることがあるとするなら、生きるか死ぬかの
冷静な判断ができるようになるまでのしばらくの間、生きる努力を
続けて欲しいと思いました。

先日のニュージーランド地震の被災者の中に、足を切断する重傷を負った
若者がいました。きっと今後歩くことも困難だろうと思います。

どれほどの様態かは僕には分かりかねますが、右手が不自由になってしまった
とはいえ、これだけの文章力・思考力を持ち、自らの足で大地を踏みしめ、
不自由ながらも実際にハワイやイスタンブールを旅できるということは、
何もできなくなってしまった人間とは到底思えません。

今試されているのは、貴方の心の強さです。自分自身の力で乗り越えたとき、
それまで見えなかった世界が必ず見えるようになると僕は信じます。
生きるか死ぬかはその時に判断しても決して遅くない。

だから、リハビリによって少しでも現状から回復する望みがあるのであれば、
頑張って欲しいなと思います。応援しています。
2011/03/19 17:09  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/467-4581af0a
trackback