見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
ひとつになる
未曾有の大震災から早2週間が過ぎました。被災地はまだまだ復興の目処がつかない状況ですが、首都圏は少しずつ収束に向かっているのではないでしょうか。

我が家の “とらちゃん” も、ようやくリラックスして眠る姿が見られるようになりました。

tora32711-1.jpg
フリースブランケットの上で、気持ちよさそうに寝るとらちゃん。

震災直後のしばらくの間、とらちゃんはずっとベッドの下に隠れたきり、怯えて外に出てきませんでした。余震が来る度に隠れ場所を探して、クローゼットを開けると荷物でいっぱいの内部に潜り込み、奥へ奥へと入ってしまい、そのまま荷物の影に隠れてしまうんです。

荷物の隙間に入ってしまうと、地震が発生した際に押しつぶされてしまうので、なんとか外に出すのですが、またなにかの拍子にクローゼットを開けると中に入り込んでしまいます。

Jeq32711-1.jpg
ジャカルタで、日本の復興を祈り手形で日の丸を作成。世界中から応援の声が聞こえる。(Reuters)

今週末、首都圏では気になるような地震・余震もなく、一連の水騒動はあったものの、買い占めなどによる一部の商品不足も徐々に解消されてきたような気がします。

これ以上大きな災害に見舞われなければ、首都圏はこのまま少しずつ収束に向かっていくのかなと思います。ただ、気になるのはやはり日本の経済。一部の生活必需品に特需があるようなものの、多くの業界で壊滅的な打撃を受けているのではないでしょうか。服飾などのいわゆる贅沢品も例にもれず、多くの人が買い控える中、今後の動向が心配です。

eclipse32311-1.jpg
本文とは関係ないけど、日の丸みたいな素晴らしい皆既日食を紹介。(Michael's Playground)

ひとつになる」・・・記事のタイトル。

震災から少し経って、一時の混乱が収まり考える余裕ができたのか、最近は政治や原発事故の責任に言及する内容をよく耳にします。皆これからの日本の行く末に不安を感じているし、震災で多くを失った人たちもたくさんいて、なにかにぶつけたい気持ちがある。

僕ね、思うんですよ。今は国民が一丸となって、復興に向かって突き進むときなんじゃないかって。未曾有の大震災に、誰もが手探りの状態。初めて直面する深刻な状況の中で、首相も、政党も、電力会社も、確かに国民から見れば不手際な部分もあるかもしれないけど、その中で彼等も寝る間を惜しんで必死に自分達の今できることに向き合っている。だから、そういう不手際な部分や、不器用な部分も全部ひっくるめて飲み込んでやろう、応援してやろうって。

自分が、あるいは家族が、友人が、もし逆の立場だったら・・・例えば電力会社に入社して2年目の夫だったら。そして、その夫が被爆の危険を冒して原発の事故現場に赴くことになったら。そんな視点で考えたとき、僕は応援してあげたいと思う。責任を追及するんじゃなくて、応援。

ひとつになるということ。簡単なことではないと思います。でも、今は国民皆がひとつになる努力をする時なんじゃないかなと思います。日本の国旗って、真ん中に赤い丸があるでしょ?太陽がモチーフになっているのは誰もが知っていることだけど、インドネシアのジャカルタで、人間の手形で日の丸を作っているのを見て思ったんです。すべての国民が、多くの人の心がひとつになる。正にひとつの丸・・・一丸じゃないですか。あぁ日の丸ってそんな国旗なんだなって。

“復興” という1つの目標を掲げて、国民1人1人が今できることをやる。時には思うようにできないこと、失敗したことも全部ひっくるめて飲み込んで、互いに認め合い、思いやり、応援しあう。それが「ひとつになる」ということなのなのかもしれない。
関連記事









exclusive60g.png

2011'03'27(Sun)22:39 [ 東日本大震災 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/475-08f3dc1b
trackback