見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
動物たちの平均寿命
平均寿命とは、ある生物が平均して何年生きられるかという期待値を指す。我々人類の世界の平均寿命は67.6歳で、日本の平均寿命は82.7歳と、世界一の長寿国となっている。ちなみに、人類の最大寿命はおよそ120歳程度であると考えられている。

人類は80年。では他の動物はどうなっているのだろうか。“動物たちの平均寿命”(Average Lifespan Of Animals)をまとめた図がユニークなので紹介。

lifespan52611-1.jpg
赤:哺乳類(動物) 黒:鳥類(鳥) 青:他の脊椎動物(爬虫類や魚) 黄:無脊椎動物(虫)

上の図は、動物たちの平均寿命を一本のラインで描いたもの。動物たちのシルエットを種別ごとに、赤・黒・青・黄の4色で塗り分けている。一番左上のトンボのシルエットの虫がもっとも平均寿命が短く、逆に一番右下の亀がもっとも長寿であることを表している。

5年を過ぎると、ウサギ、カエル、キツネ、リスなどが描かれ、10年から15年の間には、トナカイ、ライオン、ヒツジ、オオカミなどが、15年から20年の間には、ネコやイヌ、ニワトリなどが描かれている。さらに30年以上ともなると、クマやフクロウが、40年近辺にはツルやカバの姿が見られる。意外にもハクチョウやガチョウはさらに長寿で、サイやゾウは平均寿命が50年を越える。70年近い平均寿命のクジラは、もはや人類と変わらぬ平均寿命。極めつけはカメ。唯一カメだけが150年という、他の生物を凌駕するダントツの長寿を誇っている。

この図を見ると我が家のネコ “とら” は、23歳(推定)なので、ネコの平均寿命を大幅にオーバーしていることになるが、ギネス認定の世界最長寿猫は34歳(1998年に死去)だそうなので、もしかしたら後10年くらい生きるかもしれない!? さすがにムリか・・・。


参考記事: Average Lifespan Of Animals
関連記事









exclusive60g.png

2011'05'26(Thu)21:59 [ World News ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/511-247bc37d
trackback