見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
地球温暖化、森林が地球を救う
deforest72011-1.jpg
森林破壊の抑止が、地球温暖化に歯止めをかける重要なキーとなるかもしれない。(Earth Observatory)

我々は、地球温暖化問題における森林の存在を見直す必要があるのではないか。地球の気候システムにおける森林の役割が、これまでに考えられていたよりもずっと大きいものであると指摘する研究論文が、アメリカのサイエンス誌にて発表されたというニュース。

森を守る、緑を守るということが、結果的に地球を守ることにもなるのかもしれない。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、7月18日のAFPより抜粋

森林破壊によって起こりうるリスクの面でも、逆に森林再生がもたらしうる潜在的利益の面でも、地球の気候システムにおける森林の役割はこれまでに考えられていたよりもずっと大きいと指摘する研究論文が14日、米科学誌サイエンス(Science)に発表された。

この研究では熱帯、温帯、寒帯の気候帯別に、森林が大気中の温室効果ガスを吸収する量について、これまでで最も正確な評価を行った。1990年から2007年までの森林調査の結果や気候モデル、衛星データなどを合わせ、世界の森林が大気の調整弁として果たしている役割に迫った。

論文の共著者に名を連ねるオーストラリア国立自然科学産業研究機関(CSIRO)の研究員、ジョゼプ・カナデル(Josep Canadell)氏は「人類が排出した二酸化炭素(CO2)を大気中から除去する上で森林が非常に大きな役割を果たしている証拠が、初めて全地球規模で示された」「もし明日にでも森林破壊を止めれば、既存の森林と再生森林を合わせて、化石燃料の使用によって排出されるCO2の半分を除去できる」という発見は「予想していなかった」と語る。

deforest72011-2.jpg
森林伐採により丸裸になってしまった、アメリカ・ワシントン州のセントヘレンズ山 。

意外に大きな熱帯再生林の炭素吸収力
今回の研究では、1990~2007年に森林が、大気中で主に二酸化炭素の形で存在する炭素を、年間約24億トン吸収したと推定している。これは化石燃料によって1年間に排出される炭素の3分の1にあたるという。一方で論文は、食料や燃料生産、開発のため主に熱帯地方で進んでいる森林破壊によって、年間約29億トンの炭素が放出されたとしている。これは人類の活動によって放出される排出量全体の25%を超えるという。

従来の研究では、森林破壊で放出される温室効果ガスの量は全排出量の12~20%程度と考えられていた。 熱帯地方で土地開墾のための伐採や野焼きの後に再生した熱帯林のCO2吸収力の高さは、大きな驚きだった。カナデル氏らの推計によると、熱帯林の再生によって毎年平均16億トンものCO2が大気から吸収されているという。

deforest72011-3.jpg
農業のために焼き払われたメキシコのジャングル。(Wikipedia)

森林の位置づけ見直しを
今回の新たな数字を合わせると、地球上で年間に石炭、石油、ガスの燃焼によって排出される炭素の13%にあたる約11億トンを吸収する能力が、地球全体の森林にあることが分かった。「これだけの量を、現在のCO2削減計画や、欧州の排出取引市場での価格に置き換えれば、何十億ユーロもの『節約』になる」(ジョゼプ・カナデル)

気候変動政策の面から言えば、今回の研究はふたつの重要なことを示唆している。ひとつはこれまでの科学が、森林の炭素吸収力と森林破壊による排出量の増加の両方を過小評価していたという事実。カナデル氏は「気候を守る戦略としての森林は、従来考えられていたよりも中心的な位置にある」と指摘する。もうひとつは、登場しつつある排出取引市場において、森林はもっと大きな役割を担うべきだという点だ。(AFP)

deforest72011-4.jpg
2000~2005年の世界の森林面積の変化率を表した図。(環境省)

森林破壊
国連食糧農業機関 (FAO) の統計によると、1990年に40億7729万1000ヘクタールだった全世界の森林面積は、2005年には39億5202万5000ヘクタールに減少したのだという。15年の間に、全世界の3.1%にあたる1億2526万6000ヘクタールの森林が消滅した計算だ。

森林面積の変化は地域により差があり、東アジアは増加、ヨーロッパは微増、しかし東南アジアやアフリカや南アメリカでは大きく減少しており、熱帯雨林の森林減少が地球規模で進行している。日本は、森林の割合が国土の68.9%を占める(森林大国として名高いカナダは45.3%)。日本の一人当たりの森林蓄積量は世界平均の6分の1ほどだ。(Wikipedia)


以前から地球温暖化問題にとって森林(植物)は重要な位置を占めていたが、我々の想像以上に温暖化問題における森林の影響は大きく、森林破壊の抑止が温暖化に歯止めをかけるキーとなるかもしれない。伐採された木々は、主に人間の生活区域(宅地造成・インフラ等)の拡大や、住居や家具などの木材、焼畑、薪炭材などに利用されるが、これらの需要は、現在我々が抱えているもうひとつの問題、“人口爆発” にも密接な関係があるように思える。

関連記事






exclusive60g.png

2011'07'20(Wed)19:19 [ 人口・環境問題 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/542-7e12722e
trackback