見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
あの想い出の鎌倉寺で
kamakura81211-3.jpg
とらちゃんが、時々根元の草むらでうたた寝をしていた古木。

うだるような8月の真夏日のある日、とらちゃんと一緒に鎌倉のお寺を訪れました。厳密にはとらちゃんの遺骨と一緒に、ですね・・・。都合により日時が少しだけずれ込んでしまいましたが、初七日忌にあたる日です。とらちゃんにとっては、我が家にやってきて以来約9ヶ月ぶりのお寺で、20年以上も過ごしたもうひとつの故郷のような場所です。また、僕ととらちゃんが出会った場所でもあります。だから、ここは大切な想い出の場所なんです。


続きはこちらから
  ↓↓↓




kamakura81211-4.jpg
境内の裏庭。日中は陽射しが強く、夏らしい1日でした。

とらちゃんにとっても僕にとっても、起点となるこのお寺に戻ってくるということは、なんとなくとても重要なことのような気がして、できるだけ早く訪れようと思っていました。そして、お寺に報告をして、かつてとらちゃんが過ごしていた場所にとらちゃんを連れて行ってあげたかった。たくさんいたとらちゃんの仲間たちにも挨拶したかったんです。

kamakura81211-2.jpg kamakura81211-1.jpg
お寺の境内の一角にある稲荷神社。とらちゃん、久しぶりのお寺だね。懐かしいね。

まずはとらちゃんが暖かい時期に寝起きしていた稲荷神社に報告。セミの鳴き声が聞こえる中、とらちゃんの遺骨を本堂に置いてお祈りしました。その後、お寺のあちこちを歩いて回ったんだけど、「あぁ、とらちゃんはもういないんだな」って妙に寂しい気分になったり。とらちゃんはもちろんいないんだけど、いつもいるはずの他のネコたちの姿も1匹も見えない。

kamakura81211-5.jpg
夕陽の中、幻影が駆け抜ける。もうとらちゃんはいないんだよね・・・寂しいなぁ。

不思議だなと思いながらお寺の人と話をしていると、遠くに知り合いのボランティア団体の方の姿が見えたので、さっそく話を聞いてみることに。そのボランティアの方が言うには、とらちゃんがお寺からいなくなってから、たくさんいた他のネコたちもほとんど姿を消してしまったのだそうで、そのうち一部のネコたちは他のボランティアの宅に引き取られたのだそう。とらちゃん目当てに足を運んでいた観光客もまったくいなくなってしまったのだとか。話を聞いていると、とらちゃんの影響力とか、存在感はすごいものだったんだなぁと改めて思いました。とらちゃんって、人間とネコとの架け橋のような存在だったんだなぁって。

結局、その日は1匹もネコと会えずじまい。残念ながら僕の知っているネコたちは、皆体調を崩してボランティアに引き取られてしまったみたい。去年訪れた時には、たくさんのネコたちが徘徊していたんだけどなぁ。とらちゃんがいなくなってしまったのと同時期に、1つの時代が終わりを迎えたことを実感しました。帰り道、いつかまたとらちゃんのようなネコが現れるのだろうかと考えてみたけど、やはりとらちゃんは特別だったんだろうなと思いました。

なにせ、ネコについてまったく知らなかった僕が夢中になってしまったくらいだから。

関連記事






exclusive60g.png

2011'08'12(Fri)17:43 [ Love Cat ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/557-38b7d812
trackback