見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
今、世界では何が起こっているのか
World82211-1.gif
(Die ToonDie.com)

最新の統計結果によると、世界人口が2011年内に70億人に達するという。アフリカでの著しい人口増加が、他地域での出生率低下を相殺しているのが主な要因なのだそうだ。その世界人口の半数は、中国、インド、米国、インドネシア、ブラジル、パキスタン、ナイジェリアのわずか7か国で占められている。アフリカを中心とした急激な人口増加を背景に、今、世界では何が起こっているのだろうか。気になったいくつかの記事を集めて、まとめてみた。

世界の変化の輪郭が垣間見えるかもしれない。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、8月10日、16日、19日のAFPより抜粋

世界人口、年内に70億人に
世界人口が年内にも70億人に達するとの統計結果を、フランス国立人口研究所(INED)が発表した。アフリカでの著しい人口増加が、他地域での出生率低下を相殺しているためだという。今後も世界人口は増え続け、21世紀末までには90億~100億人程度で落ち着くと予測している。1999年の時点では2011年の世界人口を60億人と予測していたが、出生率と死亡率の差の関係から、わずか12年間で予測を10億人も上回った。

世界人口の半数がわずか7か国で占められているため、これらの国々の人口推移が世界人口に大きな影響を及ぼす。7か国で最も人口が多いのは中国の13億3000万人で、2位がインドの11億7000万人。以下、米国、インドネシア、ブラジル、パキスタン、ナイジェリアと続く。

World82211-4.jpg
両親を失った貧しい子供たち。(cozay)

食料価格高騰、最も貧しい人びとに生存の危機
世界銀行(World Bank)は、食料価格が記録的な高値となり、一次産品市場の不安定さにより世界で最も貧しい人びとが生存の危機に追いやられていると警告した。7月の世界の食料価格は前年同月比で33%高騰したほか、原油価格が同45%上がり、肥料価格の高騰を引き起こした。ロバート・ゼーリック(Robert Zoellick)総裁は声明を発表し、「食料価格が高く、食料在庫が少ない状態が続いており、現在も危険ゾーンにあるといえる。最もぜい弱な人びとが最も対応をとれない状況だ」と述べた。

過去最高だった2008年に迫りつつある食料価格は、「アフリカの角(Horn of Africa)」と呼ばれるアフリカ大陸北東部における緊急事態を引き起こした主要因となっている。世銀によると、1200万人の生命を脅かしているアフリカ北東部の飢饉で、ソマリアでは過去3か月で5歳以下の子ども2万9000人が死亡し、さらに子ども60万人が危険にさらされている。

World82211-5.jpg
アフリカには島嶼を含め、実に54の国がある。(cozay)

世界の宗教弾圧が増加傾向に
米非営利調査機関ピュー・リサーチ・センター(Pew Research Center)は、2006~2009年の間に宗教に関係する暴力や迫害が増加したとの調査結果を発表した。迫害の対象となるのは、主にキリスト教徒とイスラム教徒だという。

06年半ばから09年半ばまでの3年間の調査期間中に、キリスト教徒に対する政府、もしくは社会によるハラスメントは130か国(66パーセント)、イスラム教徒に対するハラスメントは117か国(59パーセント)で確認され、地域別で見ると、政府が国民の信教の自由を侵害している比率は中東と北アフリカで最も高かった。

政府による宗教弾圧が最も行われているとされたのはエジプトで、以下イラン、サウジアラビア、ウズベキスタン、中国、モルディブ、マレーシア、ミャンマー、エリトリア、インドネシアが続いた。宗教に関連した社会的対立が最も多いとされたのはイラクで、以下インド、パキスタン、アフガニスタン、ソマリア、インドネシア、ナイジェリア、バングラデシュ、イスラエル、エジプトが続いた。どちらのリストにも欧州の国は上位10位にランクインしなかったが、宗教に関連した社会的対立が最も増加した10か国のうち5か国は、英国、ブルガリア、デンマーク、ロシア、スウェーデンが占めた。(AFP)

World82211-3.jpg
(Wings of the Wind)

局所的なエリアでの著しい人口増加、その局所的なエリアでの食料価格の高騰、そして宗教弾圧。それぞれ異なる出来事のように見えるが、人口問題を背景に、密接な関連性があるようにも思える。世界人口が増加することにより、生活環境が悪化し、水、食料などが不足する。そういった生活環境の悪化が、異なる国や民族、思想の間で争いが生じるきっかけとなる。正に負の連鎖だ。そして、大きな影響を受けるのは、いつも貧しい人々だ。


関連記事: 東アフリカで深刻な干ばつ被害 & 60年後の世界

関連記事






exclusive60g.png

2011'08'22(Mon)23:12 [ 人口・環境問題 ] CM0. TB1 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/561-a812e24e
trackback
 - 
管理人の承認後に表示されます 

2017/01/05 21:43