見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
ヒマラヤ・トレッキング、最終ポイントへ
ネパール、ヒマラヤ・トレッキングは、分岐ポイントのダンプスを経由し、最終ポイントの “ノーダラ”(Naudanda)へと向かう。ノーダラからは車でポカラへと戻ることになる。

Pokhara90711-28.jpg Pokhara90711-30.jpg
集落の仲を自由に歩き回る水牛(左)と、塀の上で授乳する山羊の親子(右)。

ダンプスから出発し、途中、休憩ポイントの集落で軽く休んだ後、僕たちはノーダラに向けて出発した。時刻は夕方へと近づいていた。いよいよアンナプルナのトレッキングも大詰めを迎える。集落の付近では、水牛や山羊などが、自由に歩き回っていた。

Pokhara90711-29.jpg
石畳の下り坂が続く。

少し歩くと道は次第に下り坂が多くなっていった。整地された石造りの道をひたすら歩いていく。麓から尾根まで登った行きの逆みたいな感じ。下り坂はやっぱり楽だ。

Pokhara90711-31.jpg
山道ではあるが、非常に歩きやすい道。

石造りではない道も通るが、くっきりと道のラインがあって、歩きやすいように整地されている。丈の短い芝生を随所で見かけたが、特別手入れはしていないのかな。

Pokhara90711-33.jpg
急な勾配の、階段状の道。

夕方に近づくにつれて、空が雲に覆われてきた。麓へと降りる道はあまり開けた景色が見られない。単調な山道が続き、疲れのせいもあって口数は自然と少なくなる。

Pokhara90711-34.jpg
行きに比べるとやや単調な道を、ひたすら歩く。

現地の人と時々すれ違うことはあっても、トレッキング中の他の登山客とはほとんど鉢合わせなかった。ポカラにいた欧米人旅行者たちはどこを観光しているのだろうか。

Pokhara90711-35.jpg
雲の合間から、山の合間に光が差し込む。

ポカラを基点にすれば、今回のフェディ・ダンプス間のルート以外にもより身近な日帰りトレッキングコースはある。ポカラの周囲を取り巻く山々がそうで、以前の記事で紹介したフェワ湖北の “サランコット”(Sarangkot)や、同じくフェワ湖南の“日本山妙法寺”(World Peace Pagoda)のある丘、“フォクシン”(Phoksing)という景色の良い尾根の集落もある。

Pokhara90711-36.jpg
日本の生活は便利だが、こういった空間や時間は得難い。うらやましい限り。

歩いていると眼下に民家があって、住民たちが外でお茶をしていた。そこら中に衣類が散乱していて、最初は何かなと思ったが、どうも洗濯物を芝生の上に置いて干しているようだ。

Pokhara90711-37.jpg
岩の間の細道を降りると、最終ポイントのノーダラはすぐ。ラストスパートだ。

さて、岩の間の細い石造りの道を降りると、もうすぐにノーダラだ。下り坂なのでペースは早いが、1日歩いてクタクタになっていた。数日かけてトレッキングする場合、翌日、翌々日と疲労が蓄積されて結構大変そうだ。などと言いつつ、次は1週間くらいアンナプルナを歩いてみたいな。ダンプスの北西にある “ゴレパニ”(Ghorepani)から北上するようなルートで。

Pokhara90711-38.jpg
山の麓にあるノーダラの町に到着。ここから車でポカラに戻る。

無事、麓の町ノーダラにゴールイン。ノーダラには国道(バグルン自動車道)が伸びているので、ポカラまで車で移動できる。そのせいか、これまでの集落に比べると規模が大きく、村、あるいは町といった雰囲気。その後はガイドのサントス(サントスの友人が運転)が手配してくれた車に乗り込み、無事ポカラに戻ったわけなんだけど、なんだかんだで疲れましたよ。インドを旅した直後だったので、決して運動不足ではないはずなんだけど。

でもまぁ、結構心残りはあります。もし時間があって、もっと北のヒマラヤ寄りの場所を歩いたら、壮大な景色が広がっていたのかなとか、勝手に妄想してしまったり。
関連記事









exclusive60g.png

2011'10'01(Sat)00:10 [ ポカラ ] CM4. TB0 . TOP ▲
COMMENT


芝生の上に洗濯物が干してある写真が、なんとも吸い込まれました。
山の生活の匂いがしてきそうな。

私もパッカーなんです。
ポカラは20年近く前に行きました。

雲の間からの光も、本当にきれいです。

いつも写真がきれいだなと思っていたのですが、今日は引き込まれたのでコメントしました(笑)。

これからも楽しみにしてます。
2011/10/01 01:17  | URL | あさこ #mQop/nM. [edit]


あさこさん、こんにちは!

いつもブログを見て頂き、ありがとうございます!

20年近く前のポカラは、きっと今とは随分雰囲気違うでしょうね~。
まだ大規模なリゾート開発がされる前かもですね。

家の前の芝生で、午後の一時を過ごす彼女たちは、とても楽しそうに見えました。
山の上で、不便な場所ではあるけれど、生活環境の良さを感じました。
2011/10/01 08:19  | URL | Garyo #- [edit]


Garyoさん!結局、何時間歩いたのですか?
かなり歩いている印象ですが。。。

僕もカトマンズ盆地で6~8時間のトレッキングを
2回しましたけど、正直、景色がイマイチで単調な
道になると。。。辛かった~~(笑)

そんな中で、民家が現れて生活の様子が見れる時は
なんだか気持ちがほっこりしましたねえ~。。。

chempakaでした!
2011/10/02 23:49  | URL | Chempaka #- [edit]


Chempakaさん、こんにちは!

人によってペースは多少違うのかもですが、たぶんChempakaさんと
似たような感じなのではないかな~と思います。

景色は、もっとヒマラヤ寄りの高度の高い場所だとまた違うのかもと
勝手に妄想しちゃっていますが、どうなんでしょうか。

僕が歩いたルートも山の尾根とはいえ、結構集落や民家が点在していました。
全体的には似たような風景の道が多かったような気もします。

それにしても普段山を登り慣れていないと、キツイんですよね~。
もう年なのかな・・・。
2011/10/03 00:58  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/580-611bc06e
trackback