見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
徒歩で11年間世界を旅した男性、ついに帰国
WorldWalk100411-1.jpg
11年ぶりにホームタウンへと戻ってきたベリボーさん。

以前の記事で、現代のフォレスト・ガンプとしてお伝えしたことがある、11年間徒歩で世界を旅していたカナダ人男性、“ジャン・ベリボー”(Jean Beliveau)さん。45歳で旅に出たベリボーさんは、現在56歳。そのベリボーさんがついに自宅のあるカナダ・モントリオールに戻るのだそうです。モントリオールには彼を11年間待ち続けたガールフレンドと、前妻との間にもうけた2人の息子がいるというのですが、長い歳月は彼をどのように変えたのでしょうか。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、10月4日のAFPより抜粋

この11年間、ひたすら世界を歩き続けてきたカナダ人男性が、とうとう世界を一周し、自宅のあるカナダ・モントリオール(Montreal)に近づきつつある。

中年期の鬱々とした気分を振り払おうと歩き始めたジャン・ベリボー(Jean Beliveau)さん(56)は、旅の途中で将来の夢も見つけ、晴れやかな表情で戻ってきた。寝袋や着替え、救急箱を乗せた3輪のカートを押しながら歩くジャンさんは、昔より少し痩せてやや白髪も増えたようだ。AFP記者はモントリオールまであと290キロというところで彼と合流した。

きびきびと歩くジャンさんは、オンタリオ湖(Lake Ontario)の北側を横切り、首都オタワ(Ottawa)を通過して、10月16日にモントリオールに到着する予定。歩みを止めるのは、食事を取るごくわずかな時間と、好奇心旺盛な通りがかりの人に自分の冒険話をするときだけ。自由な旅路で得た喜びと心の平安が表情からも見てとれる。今夜どこで寝るかはわからないという。人に頼ることもなく、財布にお金もあまりないが、特に心配している様子はない。11年間これで問題なかったからだ。モントリオールでは、ジャンさんの冒険を長年にわたり支えただけでなく、ウェブサイトまで立ち上げたガールフレンド、ルースさんが待っている。

WorldWalk100411-2.jpg
メキシコでは9日間恋に落ちた・・・のはやっぱり浮気なのだろうか!?

旅のきっかけは現実逃避
ジャンさんは、起業した会社が破産したことをきっかけに世界旅行を決意。悪い思い出を忘れようと、45歳の誕生日を迎えた2000年8月18日にジョギングの旅に出た。ルースさんと、前妻の子どもたち2人は止めなかった。

モントリオールを出発した後は米国に南下し、ジョージア州アトランタまで走り続けた。そこでペースを落とし、世界最長の継続した徒歩の旅が始まった。距離は7万5000キロ、訪問国は64か国にも上る。ある地点でルースさんは、世界中の子どもたちのため平和と非暴力をアピールするために歩くよう勧めた。人生から逃げるために始めた旅に、突如目的が見えたという。

11年の間、ジャンさんは砂漠を越え山を越えた。メキシコでは9日間恋に落ちた。スーダンではターバンを巻いてひげを伸ばし、アフリカでは虫を食べ、韓国では犬、中国ではヘビも食べた。フィリピンでは武装兵士にエスコートされた。ジャンさんが深刻な体調不良に陥ったのはたった1度、アルジェリアでだった。強盗に遭ったのもたった1度、南アフリカで酔っぱらった若者2人に襲われた。そしてたった1度、エチオピアで拘束された。理由はわからない。そしてそのエチオピアでは、もう旅を止めて家に帰ろうかと思うほどの絶望感にさいなまれた。異常な孤独感を感じたという。その時ギブアップしないよう彼を勇気づけたのは、ルースさんだった。その時を振り返り、ジャンさんは「食と住を得た後は、どこか心のよりどころが必要なんだ」と語る。

WorldWalk100411-3.jpg
今後は本を執筆したり講演を行い、旅で得たことを伝える予定なのだそう。

苦難を乗り越えた結果、彼は見知らぬ人びとの良心や、旅路で出会った大勢の人びとの魅力にとりこになった。もちろん橋の下で野宿をしたこともあるし、ホームレスのシェルターにも泊まった。荒れた刑務所にも入れられた。しかし、それを大きく上回る回数で、彼の冒険に興味を持った人たちに食事に誘われたり、家に泊めてもらうという親切を受けた。

出発したときには4000カナダドル(約30万円)を持っていたが、結局は毎年、それ位の額を生活費に必要とした。そして、見知らぬ人の助けも受けてここまで来た。いまや一文無しのジャンさんは、かけがえのない経験を手に入れたと語る。「何も持たずに出発し、豊富な知識と理解を得て帰ってきたよ」ジャンさんは今後、本を書いたり講演をして、「人と人とのハーモニーや、人の話を聞くこと、そしてお互いの違いを受け入れること」の大切さを広めたいという。

11年待ったガールフレンド
彼自身のストーリーは、ハッピーエンドのようだ。ルースさんは、クリスマスが来るたびに、どこであろうとジャンさんがいる場所まで行って1年に1度は一緒に過ごした。ルースさんは、ジャンさんがまもなく帰宅することに、はやる気持ちを抑えられないようだ。(AFP)


11年かぁ・・・本人はともかく、帰りを待っていてくれる人がいるというのがすごいですね。また、これだけ長期間旅ができるというのは、金銭的な部分(お金はルースさんが工面したのだそう)だけでなく、大きな怪我や病気にもならなかったことが大きいと思います。彼は11年の長旅で多くのものを得て、無事ハッピーエンドとなるようです。リフレッシュして新たな人生の幕開けですね。皆さんも人生に行き詰まったら旅に出てはいかがでしょうか。


関連記事: 地球を歩き続けて10年、ついに世界一周


  

関連記事






exclusive60g.png

2011'10'05(Wed)19:16 [ World 'Unique' News ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


Garyo様、はじめまして。
韓国観光公社のbuzz KOREAを運営しています金と申します。

ブログにアップされているコンテンツをおもしろく、またすごくうらやましいなと思いながら読んでいます。
今回、突然メッセージをお送りした理由は、韓国観光公社では10月末に旅行分野のブロガーの方たち何名かを御招待し(10/25~28)、韓国旅行と韓国体験の機会を差し上げようと計画中です。(旅行地はソウルとチェジュ島を予定しています)

このメッセージをお読みになって、Garyo様のご関心がお有りであるかどうか、先ずはお伺いしたいと思います。上記の旅行にご関心がございましたらevent@ibuzzkorea.com へお名前と連絡先(携帯番号)、 Eメールアドレスを教えていただきたいと思います。(突然の書き込みの上に、連絡先までをお伺いしてしまい、申し訳ございません^^;;)

申し訳ありませんが、10月7日 午前10時までに、ご返信をお願いいたします。

* buzz KOREAとは?
www.ibuzzkorea.com は韓国観光公社が運営するウェブサイトで、韓国観光と韓国についてのストーリーが世界中のブロガーとSNS使用者のために自発的に生産、拡大、交流するように作られたオンラインコミュニティ統合プラットフォームサイトです!
2011/10/06 15:18  | URL | buzz KOREA #sj.xNIa6 [edit]


buzz KOREA様、お返事遅くなりまして申し訳ありませんでした。

お誘い頂き、ありがとうございます。
大変有り難く思っておりますが、10月のその時期は仕事が立て込んで
おりまして、なかなか日本を離れることができない状況です。
非常に残念ではありますが、今回は辞退させて頂きます。

良い旅となる事を、心よりお祈り申し上げます。
2011/10/14 20:31  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/590-31a64810
trackback