見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
紺碧の空、太陽の紅
一夜明けて翌日の朝。いよいよネパールを出国し、日本へと帰国する日がやってきた。1人のバックパッカーとして、インドからネパールへと至る長い道のりを旅してきた僕にとっては感慨深い思いもあるが、同時にようやく日本に帰るんだという安堵の気持ちもあった。

Kathmandu102011-1.jpg Kathmandu102011-2.jpg
タメルで食べた、レモンクレープとトースト。なぜか朝は甘いものがうまい。

飛行機の到着時刻までしばらくあったので、先生と僕はタメルで朝食を食べることに。レモンクレープとトースト。トーストにはハチミツもたっぷり。幸せな時間だ。

Kathmandu102011-3.jpg Kathmandu102011-4.jpg
トリブヴァン国際空港は、規模は小さいが落ち着いた雰囲気。

なんだかんだで昼には “トリブヴァン国際空港”(Tribhuvan International Airport)に。ネパールは、空港周辺の治安が悪くないので、安心して過ごせる。

Kathmandu102011-5.jpg Kathmandu102011-6.jpg
飛行機に乗り込み、長時間フライトがスタート。途中バンコクを経由することになる。

ほどなく飛行機に乗り込む。記事のテンポは早いが、待ち時間はそこそこ。僕たちは “タイ国際航空”(Thai Airways)だったので、途中バンコクを経由することになる。ここからがうんざりするほどの長丁場だが、行きと違い、二人で過ごせるので気が楽だ。

Kathmandu102011-7.jpg
上空から眺めたヒマラヤ山脈。若干距離はあるが、これは見逃せない。

無事飛び立つ飛行機。しかし、ネパールの旅はまだ終わっていない。もしかしたら飛行機からヒマラヤ山脈が見えるかもしれないのだ。そんな期待を胸に、窓の外を眺める。幸い天気は晴れていて、視界はクリア。しばらくして、遠くに見えるヒマラヤの勇姿を確認!

Kathmandu102011-8.jpg Kathmandu102011-9.jpg
機内食のマトンカレーとフィッシュ。チキンもあったけど、あえてマトンカレーを選択。

さて、待ちに待った食事の時間。マトンカレーとフィッシュだったかな。味は・・・実はよく覚えてないんだけど、まぁ機内食的にはマトンカレーは珍しいからありってことで。

Kathmandu102011-10.jpg
紺碧の空に、太陽の紅。原初の色彩に胸を打たれる。

飛び立ってから随分時間が経って目を覚ました。寝ぼけ眼で、ふと窓の外を眺めた。夜の紺碧と太陽の紅が入り交じって強いコントラストを放ち、飛行機の翼を照らしていた。これこそ僕が飛行機の窓から眺める景色の中で、もっとも美しいと思える瞬間だ。

Kathmandu102011-12.jpg
空ってどうしてこんなに美しいのだろうか。不思議な世界に惹きつけられる。

陽が昇り始め、空が少し明るくなってきた。下を見下ろすと、まるで生き物のようにうごめく雲海があった。飛行機から見る空の世界。本来は鳥以外の生物が決して見ることのできない世界を、今僕たちは見ているんだ。そう思うと胸が高鳴る。飛行機の中からではあるけれど、太古の地球から変わることのない原初の風景がそこに広がっていた。

Kathmandu102011-11.jpg
僕たちを乗せた飛行機は、着々と日本に近づいていた。

灼熱のインド。人間の海の中で、様々な出会いと別れがあった。そして、多くの貧困を見た。ヒマラヤに抱かれたネパール。そこには神々しい山々に抱かれ、暮らす人々がいた。ネパールとインド、それぞれの世界観は大きく異なるが、どちらも人々のエネルギーに満ちていた。

眼下にうごめく、太陽に染まった金色の雲海を見つめながら、旅の記憶をたどる。今この瞬間も、パハールガンジの喧噪の中を、たくさんのリクシャーが行き交っているのだろうか。昇る太陽の下で、たくさんの人々がガンジス河で祈り、沐浴しているのだろうか。神々しいヒマラヤの山々に抱かれ、女性たちは畑を耕しているのだろうか。鮮明に記憶が蘇る。

そして、僕のインドとネパールを巡る長い旅は、終わりを迎えた。


  
関連記事









exclusive60g.png

2011'10'21(Fri)22:02 [ カトマンドゥ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/599-05457288
trackback