見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
ペットボトルの家がナイジェリアを救う!?
PetBottle110711-1.jpg
革新的なアイデアが、ナイジェリアの人口問題や住宅不足を救うかもしれない。

ペットボトルで建てられた家が、ナイジェリアを救うかもしれない──アフリカ最大の人口を誇るナイジェリアの住宅不足を緩和するために、ナイジェリア北部のカドゥナに本拠地を置くNGO団体が計画したもの。それは、使用済みペットボトルを住宅建材として利用するという、なんともユニークな発想なんです。この計画は、環境対策としても非常に優秀なのだそう。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、11月7日のAFPより抜粋

第一号のペットボトル住宅は、カドゥナ近郊のサボン・イェルワ村の郊外に建設中だ。「ペットボトル製の家はアフリカ初。将来、ナイジェリアの住宅不足と環境汚染を解決する方策となるかもしれない」と、プロジェクト創始者のクリストファー・バシリウ氏は語る。同国で30年にわたって働いているギリシャ人井戸堀り技師だ。プロジェクトは、英ロンドンのNGO “アフリカ・コミュニティー・トラスト” の専門家らの支援の下、進められている。


PetBottle110711-2.jpg
積み上げたペットボトルを、泥やセメントで固める。

防火防弾、耐震性あり、3階建ても可能
開発中の灌漑農地に6月から建設が始まった家は、面積58平方メートルの平屋建て。円形の居間を中心に寝室2部屋と風呂、トイレ、キッチン、中庭を短い廊下でつないだ構造をしている。一見、ありふれた住宅だが、建材は砂を詰めてキャップを閉めたペットボトルだ。それぞれ、重さは約3キロある。レンガのように重ねて泥とセメントで固め、ペットボトルの首をひもで縛って補強もしている。色とりどりのキャップの色は、壁面に独特の味わいを与えている。

プロジェクト関係者は、砂の詰まったペットボトルは一般的な軽量コンクリートブロックより強度が高いと主張する。「防火性、防弾性、耐震性の面でも優れている。室内は常に摂氏18度に保たれ、熱帯気候向きだ」と、プロジェクトコーディネーターのヤハヤ・アフマド氏。支柱を適切に設置すれば、最高で3階建てまで建設できるという。

PetBottle110711-3.jpg
均等に敷き詰められたペットボトルから、丁寧に作業をしているのが伝わってくる。

CO2排出ゼロのエコ住宅
このペットボトル・ハウス、二酸化炭素排出量ゼロの「ゼロ・エミッション住宅」でもある。太陽光パネルと、人や動物の排せつ物を利用するメタンガス発電で、使用するエネルギーを100%まかなう設計なのだ。プロジェクトに参加する英国の環境活動家、カトリン・マクミラン氏は、「ナイジェリアのごみ問題、エネルギー問題は深刻だ。このプロジェクトは、これらの問題解決に向けた小さな一歩だ」と話した。「埋め立て地に廃棄された場合、ペットボトルが分解されるまでには数百年もかかるのだから

家は7割ほどまで建設が完了した。完成後は、ペットボトル住宅専門の建築職人を育成する施設として活用される予定だ。最終的に使用されるペットボトルは1万4000本に上るとみられる。大使館やホテル、レストランから大量のペットボトルが寄付され、建設現場に積み上げられている。

PetBottle110711-4.jpg
なにげに日本の住環境よりも広々としていたりする。

2つの問題を一気に解決、価格も安く
環境専門家によれば、人口1億6000万人のナイジェリアでは、1日300万本のペットボトルが廃棄されている。他方、ナイジェリア当局によると1600万戸の住宅が不足しており、解消するためには45兆ナイラ(約23兆円)もの莫大な予算が必要となる。ペットボトル住宅は、バシリウ氏によれば一般住宅の4分の1の費用で建設することができる。今回の建設計画にかかる総工費は200万ナイラ(約100万円)と見込まれている。

第二号のペットボトル住宅の建設計画も来年1月に始まる。首都アブジャ(Abuja)近郊のスレジャ(Suleja)で、教室不足の小学校に新たな教室を建設する計画だ。マクミラン氏は「約20万本のペットボトルが入用になる」と語った。(AFP)


建築中の写真を見た感じでは、ペットボトルをかなり丁寧に敷き詰めているように見えます。この感じなら、十分立派な家になるのではないでしょうか。現在人口が急増しているナイジェリアにとって、建材に使用済みペットボトルを使用することは、長期的目線で見ても非常に有意義な方法なのではないでしょうか。強いて言うなら、一軒の家を建てるのに、相当数のペットボトルが必要になるので、廃棄物とはいえ、調達するのが大変なことくらいでしょうか。いずれにしても今後この試みがどうなっていくのか、見守っていきたいと思います。


  

関連記事






exclusive60g.png

2011'11'07(Mon)20:51 [ 人口・環境問題 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/611-de3b4ea3
trackback