見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
Photo Varanasi part-2
Varanasi-mono-3.jpg
ガンジス河の対岸に昇る太陽に祈りを捧げる女性。

インド・ヴァラナシのモノクロ写真集、後編。本編でも書いたけど、ガンジス河の左岸と右岸の景観の違いに、“” と “” を感じた。建造物が林立する混沌とした右岸に対し、何もない砂地の左岸。左岸から太陽が昇り、右岸へと沈んでゆく、計算された立地。実際のところ、左岸の砂地帯は雨期の増水の影響もあるのだけど、その気になればガートを設置して高台にしてしまうこともできなくはないようにも思える。でも、あえてそうしない。いずれにしても、様々な場所で宗教理念のようなものが渦巻いているガンジス河に、僕は「三途の川」を連想しました。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Varanasi-mono-18.jpg


Varanasi-mono-19.jpg


Varanasi-mono-21.jpg


Varanasi-mono-22.jpg


Varanasi-mono-5.jpg


Varanasi-mono-30.jpg


Varanasi-mono-23.jpg


Varanasi-mono-1.jpg


Varanasi-mono-24.jpg


Varanasi-mono-25.jpg


Varanasi-mono-34.jpg


Varanasi-mono-26.jpg


Varanasi-mono-27.jpg


Varanasi-mono-33.jpg


Varanasi-mono-10.jpg


混沌とした喧噪の世界観のヴァラナシですが、不思議と治安はすこぶる良好です。とはいえインドなので、ぼったくりの類は相変わらずですが、昼夜問わず人で賑わっているので、あまりハメを外さなければ安全に滞在できると思います。希に泳いでガンジス河を渡ろうという人の話を聞きますが、ヘタをすると命に関わるので注意が必要です。ベンガリー・トラという、外国人向けの生活用品などが手に入る安宿街があるので、長期滞在には向いていると思います。


  

関連記事






exclusive60g.png

2011'12'04(Sun)09:40 [ Photo World ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/628-c6747200
trackback