見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
火星の広範囲で生命居住が可能
Mars121311-1.jpg
火星の表面、昇る太陽。いつの日か、人類が火星で暮らす日が来るのだろうか。

最新の研究結果によると、火星の広範囲のエリアで生命が居住可能なのだという。なんと、地球の生命居住可能領域が1%なのに対し、火星は3%もあるのだそうだ。そんな興味深い研究内容を、NASAが撮影した火星の風景を交えて紹介していきます。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Mars121311-2.jpg
NASAによる、火星の全体図。地球と違い、全体を砂岩が覆っている印象だ。

以下、12月13日のAFPより抜粋 

火星の環境をモデル化したところ、火星の「広範囲」が生命居住可能という結果が出たとの研究が、科学誌「Astrobiology」に掲載された。論文を発表したのはオーストラリア国立大学のチャーリー・ラインウィーバー氏率いる研究チーム。地球と火星で温度と大気圧のモデルを比較し、地球に存在するような生命体が火星のどれほどの領域に居住可能かを調べた。

地球は、中心核から上層大気までの全体積のうち、生命が居住しているのはわずか1%に過ぎない。一方、火星は、世界で初めてのモデリングの結果、3%が居住可能であることが分かった。とはいえ、その大半は地下にあるという。

Mars121311-8.jpg
Mars Pathfinder” により撮影された、“Twin Peaks” と呼ばれる火星の表面。

地下に生命の可能性
火星の極ではすでに氷が発見されているが、研究チームは、「地球にいるような微生物が地球の基準で存在できるのに十分な水を維持することのできる領域」を調べた。

火星は大気圧が低いため、火星表面では水は液体としては存在せずに蒸発してしまう。だが、ラインウィーバー氏によると、地下では、土壌の重みで必要な圧力が加わるため、液体として存在できる。また、一定の深さでは、火星の中心核からの熱によりバクテリアや微生物の生存に必要なだけの温もりがある。

Mars121311-4.jpg
起伏のある地平線。NASAの “Mars Exploration Rover Spirit” によって2006年に撮影。

キュリオシティでは探索困難か
現在火星に向かっているNASAの無人探査車 “Curiosity”(キュリオシティ)は、2012年8月に火星に着陸する予定だ。だが、ラインウィーバー氏によれば、キュリオシティには生命を確認できるだけの十分な深さまで土壌を掘る能力が「残念ながら」無い。ラインウィーバー氏は、かつては火星の地下だったクレーターの表面を調べることで「少なくともその一端」を確認することはできると述べた上で、「だがクレーターの表面は長い間地表に出ているため、揮発性物質がおそらくもう無いだろう。それに熱も冷めている」と語った。(AFP)

Mars121311-5.jpg
二酸化炭素か氷で構成された雲の移動は早い。NASAの “Mars Rover Opportunity” が撮影。

写真を見ているとワクワクしてきます。せっかくなので火星からの素晴らしい写真をもう少しだけ紹介。いずれも地球からは絶対に見ることの出来ない瞬間を捉えた写真です。

Mars121311-7.jpg
火星のグーセフ・クレーターに沈む太陽。NASAの “Mars Exploration Rover Spirit” が2005年に撮影。

以前から生命の可能性や、地球の将来的な移住候補に挙げられている火星。その様子は、火星移住をテーマにした映画「トータル・リコール」でも描かれている。

Mars121311-6.jpg
火星から見る、地球と月。“Mars Reconnaissance Orbiter” により2007年に撮影。

今回の研究結果を見る限り、どうやらキーは火星の地下にあるようで、生命居住可能領域は地球以上に広範囲なのだそう。将来的には火星に地下都市が建造されるなんてこともあり得るかもしれない。そうなれば火星移住や火星旅行も可能となるわけでロマンのある話だ。


  

関連記事






exclusive60g.png

2011'12'13(Tue)18:16 [ Outer Space ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


はじめまして^^

おきてがみから来ました。

いよいよテラフォーミングが始まるんでしょうか(笑)
広大な大地を見てるとワクワクしますね。

※無人探査機のネーミングが好きです
Curiosity…いいなぁ^^

応援☆
2011/12/14 12:22  | URL | 小五郎 #- [edit]


小五郎さん、はじめまして!

そうですよね、楽しみですね!

人類の移住先候補として、今のところ火星は一番現実的な気がします。
火星の大気濃度を上げ、気温を上昇させると、地下の永久凍土の氷が
溶けて海や雲ができ、地球の環境に近くなるそうです。

でもまぁ、近年宇宙が身近になったとはいえ、僕たちが生きている間に
火星旅行はなかなか難しいだろうなとは思います。

月くらいならもしかして、という感じでしょうか。
2011/12/14 18:58  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/637-2ce34477
trackback