見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
夜のサムイ
タイ・サムイ島のメインビーチ “チャウエン・ビーチ”(Chaweng Beach)界隈のエリアは、夜になると活気づく。メインストリートの “チャウエン・ビーチ通り”(Chaweng Beach Rd)には、居心地のいい洒落たレストランが数多くあるが、オススメはビーチだ。

Samui10512-5.jpg
夜のチャウエン・ビーチを歩いていると・・・。

夜、僕と先生はビーチを散策することにした。メインストリート界隈も随分歩いたので、たまにはビーチを散策するのもいいだろうと思ったのだ。チャウエン・ビーチに出て、押し寄せる波の音を聞きながら夜のビーチをブラブラ歩いていると、遠くに灯りが見えた。

Samui10512-4.jpg
街灯のない夜のビーチサイドの暗闇に、ぽっかりとネオンが浮かび上がる。

灯りの近くに行ってみると、暗闇の中にレストランのネオンだけが浮かび上がっていた。なかなか幻想的な光景で、どの店の照明も形状が独特で、デザインが凝っている。

Samui10512-1.jpg
簡易な設備だが、目の前に海が広がるビーチサイドのレストラン。

さらに近づくと、実は客でびっしりだった。レストランの前では、大ぶりのエビや貝、魚など、新鮮な魚介類をバーベキューしている。客は皆、ビーチに置かれたベンチマットの上でくつろいでいた。店によってもスタイルは様々で、どの店も雰囲気がいい。

Samui10512-2.jpg
店によっても照明やくつろぐスペースの趣向が違うのも見ていて面白い。

僕たちはそんなビーチサイドのレストランを見て歩きながら、その中のひとつに入った。値段帯は店によっても違うから、ビーチサイドに軒を連ねる何軒かのレストランを見た印象でしかないけど、メインストリート沿いのレストランよりリーズナブルな気がする。

Samui10512-3.jpg
思えばいろんな島を巡ってきた。どれも魅力的な島ばかりだ。

いつものようにビールを飲んで、食事をして、何をするわけでもなく夜の海を眺めながらのんびり過ごした。「伝説のビーチ」をテーマに、タイ南部・タイ湾に浮かぶ島々を旅してきた。バックパッカーの楽園・パンガン島、リゾートアイランド・サムイ島、そしてアントン諸島・アントン国立海洋公園に浮かぶ群島・・・。どれも個性があって、魅力的な島々だ。

Samui10512-6.jpg
無人島も素晴らしいが、リゾート開発されたサムイ島の過ごしやすさは格別だ。

どの島のビーチも甲乙付けがたい程素敵だったが、最後に訪れたアントン国立海洋公園の無人島は、今回の旅のテーマ、「伝説のビーチ」にピッタリだなと思った。残念なのは無人島なだけに、ツアーで訪れない限り、気軽に立ち寄ることができないこと。夜の無人島の白い砂浜の上に寝転がり、ビーチを魚に冷たく冷えたビールを飲めたらさぞ最高だろうなと思った。

そんなことを考えながら、サムイ島の夜はゆっくりと更けていった。


  
関連記事









exclusive60g.png

2012'01'05(Thu)19:05 [ タイ南部・タイ湾 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


雰囲気ありますね。

酔うのが楽しそうです。
2012/01/06 04:25  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

そうなんですよ~。

席もリラックスできるように趣向が凝らしてあって、
タイらしい三角マクラが置いてあったりして、寝転んだり
できるような店もありました。

結構客で賑わっていましたよ!
2012/01/06 19:10  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/653-7e7c80b4
trackback