見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
開発中の最先端の軍事技術
miltech10912-12.jpg
イギリス・国防省とBAEシステムズが開発した無人ステルス航空機 “タラニス”(Taranis)。

アメリカ・国防総省高等研究計画局(DARPA)が、最先端の軍事技術研究に投資しているそうです。現時点では開発段階なのですが、ハイテク製品の開発を手掛ける民間企業や研究機関による未来志向の開発プロジェクトが、興味深いので紹介。まるでSF映画に登場しそうな研究プロダクトは、DARPAが資金提供している時点で実現する可能性があるのだそう。中には未来の戦争を一変させる可能性もあり、将来的には軍用以外にも転用されるかもしれない。


続きはこちらから
  ↓↓↓




miltech10912-1.jpg
ヘリコプターのようなホバリング状態から飛行機のような飛行へと切り替え可能。

ディスクローター複合ヘリコプター
DARPAとボーイング米航空大手ボーイングの共同プロジェクト。ヘリコプターと飛行機の利点を組み合わせ、ヘリコプターのようなホバリング状態からそのまま飛行機のような飛行へと切り替えられる性能の実現を目指す。中央のディスクから伸びた回転翼で地面から離着陸でき、この翼をディスク内に回収すれば、両翼の下に搭載したエンジンで飛行できる。

miltech10912-2.jpg
5年以上の滞空時間実現を目指す無人機。

バルチャー
バルチャーは「コンドル」の意味。偵察や監視、通信などの作戦用に、滞空時間5年以上の性能を備えた衛星のような無人機の開発を目指す。このプロジェクトもボーイングが手掛け、太陽光発電式の無人機「ソーラーイーグル」を開発中。同機は翼幅120メートル。1万8000メートルの高度で運航する。2014年に初のデモ飛行を予定している。

miltech10912-3.jpg
変形しながらドアの隙間などをくぐり抜ける軟体ロボット。

チェムボット
米ハイテク企業のアイロボットとDARPAが共同で開発している柔軟性の高い軟体ロボット。変形しながら自分よりも小さな隙間をくぐりぬけて進み、極秘作戦の遂行を目指す。

miltech10912-4.jpg
無線LANの中継機能を備えた小型ロボット。

LANドロイド
アイロボットが開発中のポケットサイズのロボット。兵士が都市部を移動しながら安定した通信を確保できるよう、各ロボットに無線LAN通信の中継機能を備え、兵士が移動するとロボットも自動的に付いてくる。重さは約450グラム。水かきのような構造を使って態勢を立て直し、障害物を乗り越える。

miltech10912-5.jpg
世界中のどこへでも1時間以内に到達できる飛行体。

ファルコン HTV-2
摂氏1925度の高温に耐え、世界中のどこへでも1時間以内に到達できる飛行体の開発が目標。ロケット打ち上げ式の無人航空機「HTV-2」はDARPAが既に製造し、飛行実験を行った。マッハ20はニューヨークからロサンゼルスまで12分足らずで到達できる速度。2010年4月の実験では打ち上げから約9分で太平洋に墜落し、11年8月の実験も同じような経過をたどった。

miltech10912-6.jpg
短距離走者並みのスピードで駆け抜けるダチョウ型の二足歩行ロボット。

ファストランナー
別名「ダチョウロボット」はDARPAとマサチューセッツ工科大学(MIT)などの共同プロジェクト。人間の短距離走者並みのスピードで荒れ地を駆け抜けられる二足歩行ロボットの開発を目指す。コンピューターモデルでは最高時速43キロを達成、2012年に実際のロボットを開発予定。

miltech10912-7.jpg
通信衛星の部品リサイクルを目指す。

フェニックス
地上2万マイルの軌道上にある通信衛星が故障した場合、たとえアンテナや太陽光電池パネルなどの部品がまだ利用できる状態にあったとしても、代替となる衛星を新たに打ち上げなければならない。このプロジェクトでは故障したり引退したりした衛星からこうした部品を取り外し、再利用することを目指す。つまり宇宙ごみのリサイクル事業。

miltech10912-8.jpg
バックパックに入れて持ち歩けるサイズの無人偵察機。

シュライク
航空宇宙会社のアエロバイロンメントが開発する垂直離着陸式の無人偵察機。バックパックに入れて持ち歩けるサイズの小型機に4枚の回転翼と高解像度のカメラを搭載し、映像を生中継できる。最高40分間のホバリングと数時間の映像中継が可能。

miltech10912-9.jpg
自動操縦機能を備えた空飛ぶ軍用車。

トランスフォーマー
自動操縦機能を備えた空飛ぶ軍用車の開発は、ロッキード・マーティンやカーネギーメロン大学などの共同プロジェクト。4人乗りで、タンク1個分の燃料で400キロ以上の運航が可能。周囲の環境を認識し、それに応じた飛行ができる自動操縦機能の実現を目指す。

miltech10912-10.jpg
コグニティブ技術危険通報システムの双眼鏡。遠方からの危険を察知。

CT2WS
遠方から危険を察知して兵士に知らせる双眼鏡。「コグニティブ視覚処理」技術を使って兵士の脳にある潜在意識のパターンをチェックし、兵士が自覚する前に危険を察知する。

miltech10912-11.jpg
ハチドリ型の超軽量小型飛行体。

ナノエアービークル
屋内および屋内での作戦に利用する超軽量小型飛行体。翼を高速で羽ばたかせてホバリングや飛行ができるハチドリ型ロボットの試作品が既に開発されている。


性能的には次世代のはずなのだが、いかんせん開発段階のためか、デザインが?なものが多いような気がします。空飛ぶ軍用車・トランスフォーマーなんかは思いっきり80年代のSFモノっぽいデザインで相当微妙です。でもまぁ、将来的にこういった技術が開発されているのだという点では、実に興味深いですね。個人的には、ロボット技術の進歩が気になります。


参考記事: CNN


  

関連記事






exclusive60g.png

2012'01'10(Tue)00:22 [ World News ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/655-d5afcb03
trackback