見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
サヨナラ、タイ湾に浮かぶ星屑たち
伝説のビーチ」を求め、タイ南部・タイ湾に浮かぶ島々を巡った旅も終わりを迎える。

Samui11212-6.jpg
電柱に貼られた、タイならではのムエタイの広告。

行きはバンコクから夜行バスで移動したが、帰りは空路を使うことにした。飛行機でサムイ島からバンコクを経由し、日本へと戻ることになる。僕と先生は、夕方の飛行機の発着時間までしばらく時間があったので、日中チャウエン・ビーチ界隈を散策することにした。

Samui11212-1.jpg
サムイ空港の敷地内。暖かみのある藁葺き屋根の建物の中は、商店やレストランになっている。

僕たちは、最後に気の利いた土産物を探すべく、普段あまり立ち寄らない高級ホテル内のショッピングスポットに行ってみることにした。立ち寄った “アイヤラ・ショッピング・プラザ”(Iyara Shopping Plaza)はその中のひとつで、工芸品などを扱う高級土産物屋をはじめ、ファッションブティックやスポーツショップなども併設しているショッピングモールだ。

Samui11212-8.jpg Samui11212-7.jpg
こじんまりとした空港で、すぐ近くに滑走路が。(左)バンコク行きの小型機。(右)

結果的に買いはしなかったが、ストリートでは見かけない商品が見れたので時間があればオススメ。あとは、フェイクの “Rolex” などの高級ウォッチを売る露店が多かったのが印象的だった。どこでも見る光景ではあるけど、品揃えが豊富で、思わず楽しんで見てしまった。

Samui11212-4.jpg
夕暮れ時のサムイ空港の滑走路。雲は多いが、紅く染まった空が美しい。

夕方、タクシーでサムイ空港へと向かった。サムイ空港はこじんまりとした小さな空港で、リゾートらしくヤシの木が立ち並ぶ。敷地内にある藁葺き屋根の建物には、土産物屋やブックストア、軽食が食べられるレストランなどが併設されている。敷地内は公園のような趣でバリアフリーになっており、ところどころにベンチが置かれていた。ベンチに座って飛行機の発着時間を待っていると、中型犬くらいの犬がいたので、一緒に戯れて過ごした。とても人なつこい性格で、おそらく空港内の敷地をウロウロしている時点で完全なノラではなさそうだ。

Samui11212-5.jpg
あっという間に日本へ。上空から見る富士山を見ると、帰ってきたんだなといつも思う。

バンコクまでの飛行機は小型機で、“Siem Reap Air” のものだった。行きは夜行バスだったのに、サムイ島からバンコクまでの所要時間はわずか1時間20分。バンコクから東京・成田までの所要時間は約6時間ほど。乗り継ぎなどの時間もあるが、いったん空港から飛行機に乗ってしまえば早い。あっという間に日本だ。成田空港に近づくと、上空から富士山が見えた。

伝説のビーチ」をテーマに、タイ有数の美しい島々を巡る旅はこれでおしまい。結局、僕が探した伝説のビーチは、アントン諸島に浮かぶ名も無き無人島(名くらいはあるかもだが・・・)にあった。めったに人が訪れることのない、手つかずの自然がそのまま残されたビーチだ。気軽に行ける場所ではないが、だからこそ素晴らしい風景と出会えたのだと思う。


  
関連記事









exclusive60g.png

2012'01'14(Sat)00:09 [ タイ南部・タイ湾 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/658-bdb7e1d5
trackback