見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
50年後の日本
Jpop20112-2.jpg
50年後の日本。この先日本はどうなってしまうのだろうか。(To The Point)

30年後、あるいは50年後という日本の未来設計図において、様々な問題が生じるであろうことは近年多くのニュースで取り上げられているが、中でも最も危惧すべき問題のひとつが、総人口に対する65歳以上の老齢人口の比率だろう。最新の調査予測によると、50年後の2060年までに日本の人口は30%も減り、現在の約1億2770万人から約8670万人になるのだという。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、1月31日のAFPより抜粋

厚生労働省の国立社会保障・人口問題研究所は30日、日本の総人口は2060年までに現在の約1億2770万人から約3割減の約8670万人になるとの予測を発表した。今の状況が変わらなければ、2110年までに約4290万人まで減少するとしている。

Jpop20112-1.jpg
平均寿命が伸び、65歳以上の老齢人口が全人口の20%に。

平均寿命は、女性が2010年の86.39歳から2060年には90.93歳に、男性が同79.64歳から同84.19歳に伸びると予測した。女性が生涯に産む子供の人数も2060年には1.35人に減少し、人口増に必要なレベルを大幅に下回るとしている。現在、100歳以上は人口10万人中37人。人数にすると4万7700人以上で、うち87%が女性だ。また、65歳以上の割合は全人口の20%を超え、世界で最も高い水準にある。アナリストらによると、人口が減少すること自体は問題ではない。高齢者の増加は社会保障費の増大を意味しているが、日本の公的債務は既にGDP(国内総生産)の約2倍にのぼっており、これは先進国の中でも最悪の数字だ。(AFP)


総人口が激減し、老齢人口が大きく占める社会。50年後どころか、30年後には僕自身も老齢人口のひとりとなるわけですが、その時日本がどのようになっているのか、現在からどのように変化していくのか、とても気になるところです。たとえ人口が減り、経済が弱まったとしても、老齢人口が穏やかな余生を送れるような社会になればいいなと期待はしています。


  

関連記事






exclusive60g.png

2012'02'01(Wed)20:11 [ World News ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/670-1eb8b174
trackback