見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
宇宙の果てまで旅する映像
Space20412-1.jpg
天の川銀河の中にある主星と惑星の想像図。(AFP)

地球から宇宙の果てまでを往復する───到底実現不可能な宇宙の旅を、わずか数分にまとめたショートフィルムを紹介。最新の研究によると、天の川銀河には、これまで考えられていたよりはるかに多くの太陽系外惑星があるのだそうで、銀河系だけでも地球のように生命が存在できる岩石質の惑星が数十億個ほどひしめき合っている可能性があるのだという。

これまでハビタブル・ゾーンと呼ばれる生命生存可能領域にあることが確認された惑星は、地球から約20光年離れた“グリーゼ581d”(Gliese 581d)、約36光年離れた “HD 85512 b”、約600光年離れた “ケプラー22b”(Kepler-22b)の3個だったが、国際天文学者チームが今年2月に、地球から約22光年の位置にある岩石質の太陽系外惑星 “GJ 667Cc” を発見したと発表し、生命生存可能領域にある惑星は4個となった。この中の “グリーゼ” は、以前このブログで紹介したことがあるから、覚えている方もいるかもしれないが、わずか20光年といえども、我々人類の科学力では到底行き着くことの叶わぬ距離だ。今回紹介する映像は、137億光年にも達する壮大な宇宙空間の旅を体験できるというもの。興味がある方は神秘の宇宙の旅をぜひ楽しんで欲しい。


続きはこちらから
  ↓↓↓







Space20412-2.jpg


Space20412-3.jpg


Space20412-4.jpg


関連記事: 20光年先に第2の地球を発見!?

参考記事: The Known Universe Scientifically Rendered For All to See


  

関連記事






exclusive60g.png

2012'02'04(Sat)20:36 [ Outer Space ] CM6. TB0 . TOP ▲
COMMENT


宇宙の神秘。
未知なるものの興味は尽きません。
謎は残っていたほうが夢がありますし。
2012/02/05 03:02  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

近年、ハビタブル・ゾーンにある地球型惑星や地球外生命体の発見
が研究者の間でテーマになっていますが、比較的近い地球型惑星でも
20光年はあり、実際に確認することが不可能なほどの距離なので、
それがちょっと残念なところではあります。

人類が光以上のスピードで移動できるようにならないと、宇宙は広すぎて、
なかなか自由に旅するのは難しそうですね。
2012/02/05 09:13  | URL | Garyo #- [edit]


相変わらず綺麗な写真ですね。
早く上から見てみたい気もします。
2012/02/06 02:46  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

そうですね~。
宇宙って知れば知るほど不思議な世界ですね。
生きてるうちに宇宙旅行ができるようになるといいなぁ。
2012/02/06 20:25  | URL | Garyo #- [edit]


韓国ですか。

近くて遠いですね。
リゾートが主な自分にはしばらく縁がなさそうです。
2012/02/09 04:24  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

確かにソウルにはリゾートの雰囲気はないかもですね。
ソウルというか韓国の魅力は、日本と文化的に非常に近いけど、
でもちょっと違う、みたいなパラレルワールド感かなと思います。

服飾関連の仕事をしていると、服飾資材も見所のひとつになる
のですが、個人的にはあまり発見はなかったです。
2012/02/09 10:49  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/673-7f1c185c
trackback