見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
太古の火星、海が存在した証拠発見
Mars21212-3.jpg
太古の火星には海があった。生命の可能性は!?

我々の住む地球に最も近い地球型惑星、“火星”(Mars)。現時点で火星は、人類の第二の移住先として、最も現実的な星ではないかと思う。そんな火星に、30億年以上前に海が存在していた有力な証拠が見つかったというヨーロッパ宇宙機関からの最新ニュースが入ってきたので紹介。火星を周回中の “マーズ・エクスプレス” のレーダーで火星の地下構造を調べたところ、北半球の広範囲で、海が広がっていたことを示す有力な証拠が見つかったというのだ。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Mars21212-1.jpg
海があったと考えられる、かつての火星のイメージ図。

以下、2月7日のCNNより抜粋

火星で30億~40億年前、少なくとも2カ所に海が存在していた可能性が高いとの見解を、欧米の共同研究チームがこのほど発表した。欧州宇宙機関(WSA)の火星探査機「マーズ・エクスプレス」に搭載されている地下探査レーダー「MARSIS」からのデータを、仏グルノーブルにある天体物理学の研究所と米カリフォルニア大学アーバイン校の科学者らが分析。地下60~80メートルまでの部分に、かつて海だったことを示す堆積物や氷が存在しているとの結論に達したという。

Mars21212-2.jpg
北半球の広範囲に海が広がっており、地球のそれともずいぶん雰囲気が異なる。

海があった形跡は、同じ地域の2カ所にみられる。一方の海は火星が今より温暖だった約40億年前に存在した。もう一方の海は約30億年前、隕石などの衝突で氷が解けてできた可能性がある。ただ、この水は短期間のうちに蒸発したか、再び凍結したとみられる。チームによると、一時的に海になっただけでそこに生命が誕生したとは考えにくい。生命存在の可能性を探るには、長期間にわたって水があった場所や時期を見つける必要があるという。(CNN)


今回の調査結果では、生命の存在に有力な情報こそ得られなかったが、かつての火星が現在より温暖で、一時的とはいえ豊富な水資源に恵まれていたというのは、実に興味深い。


  

関連記事






exclusive60g.png

2012'02'12(Sun)19:10 [ Outer Space ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/677-93bdbda7
trackback