見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
永久凍土に眠っていた3万年前の花が開花
permafrost22512-2.jpg
シベリア永久凍土に3万年以上も眠っていた花。一体どのような花なのだろうか。(skyNEWS)

ロシアの研究チームが、シベリア永久凍土の地中に3万年以上もの間眠っていた植物の実から、花を咲かせることに成功したという興味深いニュース。開花に成功した種は、地下20~40メートルの地層で発掘されたリスの冬眠用の巣穴の中で見つかったのだそうで、蘇らせることに成功した最古の植物となるが、果たしてどのような花を咲かせたのだろうか。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、2月23日のAFPより抜粋

約3万2000年前にリスが地中に埋めたままシベリア永久凍土層に眠っていたナデシコ科の植物の実から、花を咲かせることに成功したと、ロシア科学アカデミーの研究チームが21日、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。古代生物学上の快挙であるだけでなく、この技術を活用すれば、絶滅した植物を復活させることも夢ではないという。

permafrost22512-1.jpg
凍土に埋まっていた実から開花に成功したスガワラビランジ。(MailOnline)

開花したのは、ナデシコ科のスガワラビランジ(学名:Silene stenophylla)で、よみがえらせることに成功した最古の植物となる。種は、シベリア地方のコリマ(Kolyma)川下流域の地下20~40メートルの地層で発掘されたリスの冬眠用の巣穴の中で見つかった。放射性炭素年代測定法によると3万1800年前(誤差プラスマイナス300年)のもの。永久凍土が冷蔵庫の役割を果たし、巣穴の中をマイナス7度に保ち続けてきた。同じ地層からはマンモスや毛サイ、バイソン、ウマ、シカなど、後期更新世の動物の骨も見つかっている。研究チームは当初、成熟した種からの発育を目指したが、失敗。実の中で種が結合する胎座組織から発育させてみると、植物を完全に再生することができた。これまで開花に成功した最古の植物は、イスラエルの死海に近い旧要塞マサダで発見された2000年前のナツメヤシの種だった。(AFP)


3万年以上前の植物を蘇らせることに成功した今回の研究成果。これにより、地球上の植物はもちろん、将来的には火星の永久凍土に眠る生物を復活することも夢ではないかもしれない。ただし、未知のウィルスなど、予期せぬリスクも無いとは言えないが・・・。


関連記事: 復活するマンモス

参考記事: Ancient plant brought back to life after being buried by squirrels in Siberian permafrost more than 30,000 years ago & AFP


  

関連記事






exclusive60g.png

2012'02'25(Sat)18:32 [ World News ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


科学の進歩はすごいものがあありますね。

利用次第ではありますが。
2012/02/26 23:50  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

そうですよね~。
植物とはいえ、3万年も前のものが蘇るというのはすごいことだと思います。

以前、マンモスをクローン技術で復活させるという記事を書いたことが
あるのですが、その気になれば絶滅した太古の動物も現代に蘇らせる
ことができるかもしれません。

すごいことではあるけど、なんだか恐ろしい気もしますね。
2012/02/27 00:10  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/685-100cb9f5
trackback