見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
旅靴 part-5
Montrail31412-1.jpg
新しい旅靴、“Montrail Bajada”。特筆すべきは性能。革新的に進化している。

次の旅を前に、旅のメインシューズを買い換えました。「旅靴3」で紹介した “Flow” は実質旅で使用していないので、長い間「旅靴1」で紹介した “Streak” だったのですが、過去記事を確認したら3年ぶりとかになるのかな。モントレイルのシューズは毎シーズンチェックしているのですが、このところデザイン的に低迷してる感があって、買い換えのタイミングだったんだけど様子見してました。で、久しぶりに「お、これいいじゃん!」と思ったのが上の写真の “Bajada”(バハダ)。デザイン的にはいかにもモントレイルらしいカラーリングとスタイル。

Montrail31412-2.jpg
泥が詰まりにくそうな、スパイク状になったアウトソールのパターン。通気性も抜群。

Bajada” はオフロードに重点を置いた、路面を選ばないバランスのいいトレイルランニングシューズで、“OutDry”(アウトドライ)という新素材を採用することで、防水・透湿機能に加えて、大幅な軽量化にも成功したモデル。初めて足入れした感覚が、これまでのモントレイルのシューズと全然違うなと思いました。カチッとしたややハードな履き心地は、通常のランニングシューズに近い感じ。そして軽い。軽量モデルだった “Streak” と比べても異次元なほど軽い。ミッドソールのクッションも柔らかめで、アスファルトの上でも快適。

旅のメインシューズとして注目すべきはもう1点。旅をしていると、よく路面の泥やゴミがソールに詰まるのが悩みの種なんだけど、“Bajada” のアウトソールは見ての通りスパイク状で、泥やゴミが詰まりにくいパターンになっているので、これは効果が期待できそう。

今回の旅は気候的にそれほど暑くないので、サブで持って行くサンダルを履く機会があまりなく、メインシューズの出番が多いだろうなと予想しているのですが、なによりこの “Bajada” で早朝のカッパドキアをトレイルランしたらさぞ気持ちいいだろうなと期待しています。




  
関連記事









exclusive60g.png

2012'03'16(Fri)20:00 [ 旅の装備 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/699-349ededf
trackback