見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
ソウルの夜景でサヨウナラ
韓国、ソウルの旅のラストは “ソウルタワー” の夜景で締めくくりたいと思う。

Seoul32012-8.jpg
近くで見た夜のソウルタワー。タワーの色が、赤だけじゃなく青や紫、黄色へと変化する。

ソウルタワー内の施設で驚いたのは、なんといってもトイレ。ハイテクでピカピカ、クリーンなだけじゃなく、開放感のある全面の窓の先には夜景のパノラマが広がっていた。

Seoul32012-9.jpg Seoul32012-10.jpg
圧巻のソウルタワー内の空中トイレ。トイレでも絶景が楽しめる。

さて、僕と先生はさっそくソウルの夜景を楽しんだわけだが、せっかくなので最後にソウルの旅で印象に残ったエピソードをひとつ。韓国人は大半がフレンドリーで、歴史をめぐった日韓での国家間の争いなど無いように感じるほどだが、僕の中では二種類に大別できる。

Seoul32012-11.jpg
360度見渡せるので、様々な角度からソウルの夜景を堪能できる。

日本人に親しみを持って接する人々がいる反面、日本人、日本に対して強いライバル心を抱いている人々も少なからずいる。韓国の旅で、そんなもう一方の感情を持つ韓国人たちがいた。

ソウル郊外の “水原” からの帰りの電車の車内で座っていると、3人組の韓国人の若者が乗ってきた。車内は空席もまばらだった。ふと見ると、僕の対面に3人のうちの1人が座って目線を合わせようとしている。ところが、どうにも落ち着かずもう1人の若者とチェンジした。

Seoul32012-12.jpg
東京だと、新宿の近隣に高尾山があって、その上に東京タワーが建っているような感じ。

その時ようやく異変に気付いたのだが、どうも日本人である僕の対面に座ってどれだけ耐えられるかという勝負をしているような感じだった。言葉は悪いがガン付けゲームみたいなやつかな。ただなんというか、こちらとしてはまったく圧迫感がないので、奇妙な感覚だった。交代したもう1人もしばらくして落ち着かなくなり、チェンジ。その時は今ひとつ彼らが何をしているのか理解できなかったんだけど記憶には残っていて、後々考えてみると、おそらくなにか日本人に対するライバル心のようなものがあって、ああいう行動になったのかなと思った。

Seoul32012-13.jpg
ソウル市街の中心部は高層ビルが建ち並び、きれいだった。

韓国は歴史の中で日本に強い影響を受けてきた。それは今日の韓国の繁栄に大きなパワーとなっている反面、日本を強く意識し、もしかしたらある種のコンプレックスのようなものもあるのかもしれない。でもそれは、別に韓国人に限ったことではない。日本人にだって歴史の中で欧米諸国に対し、同様の感情が存在しているかもしれない。そうやって互いに影響し合い、意識し合いながら今日の世界があるのだと思う。悪く考えればその感情が時に争いの火種となるかもしれないが、互いが刺激し合えるというのはそう悪いことではないようにも思える。

などと最後は難しいことを書いてしまったが、韓国、ソウルの旅は素晴らしい旅だった。




  
関連記事









exclusive60g.png

2012'04'24(Tue)20:16 [ ソウル ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/702-78021f4b
trackback