見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
石垣島ってどんなとこ?
え~、おまたせしました!ようやく石垣島編のはじまりです。

石垣島という島は、とにかく人情溢れる心穏やかな人々が住まう島でありまして、沖縄本島のような都会ではありません。非常にスローライフな世界がそこにはあります。そんな石垣島の日常的な風景を、地域の生活などにも触れながら、記事にしていきたいと思ってます。

それと、忘れてはならないのが、日本百景(名勝)にも選ばれている“川平湾”。静かな湾に広がる、美しく澄んだ海の水と白い砂浜。ここが石垣島観光の最重要ポイントと言っても過言ではないくらい、絶景なんです。

それでは石垣島編の、はじまりはじまり~!

Ishigaki101309-1.jpg
那覇空港から飛行機で約1時間ほど、石垣島に着いたのは夜でした。そんなわけで最初の夜は適当な宿に宿泊し、翌日から本格的に見て回ることに。夜中に少し散歩してみましたが・・・とりわけこれといった発見もなく、あきらめて寝ることに

沖縄の離島”というイメージの石垣島ですが、実は沖縄本島から南西に430㎞も離れた八重山諸島にあります。那覇から飛行機で1時間かかるというのも、当然の距離なんです。八重山諸島には大小19もの島が連なり、石垣島は言わばその主島といった位置付けです。

Ishigaki101309-2.jpg
翌日。石垣島でもっとも栄えている繁華街と言えば、空港からほど近い港のエリア。食事処や土産物屋、レンタカー、コンビニ、ファーストフードなどのお店もあるし、銀行や郵便局などの施設もある。そんな石垣島の中心街と言えるエリア。なんとなく朝の街をブラブラしてみる。

Ishigaki101309-3.jpg
ここには、“あやぱにモール”というアーケード街があります。屋根がついているので、雨や台風などの悪天候の日には重宝しそうだ。“あやぱにモール”の中には、土産物や食品、衣料品などを取り扱う、様々なお店があります。

Ishigaki101309-7.jpg
たくさんの人で賑わう“あやぱにモール”。シークァーサー島バナナドラゴンフルーツなど、石垣島で収穫した様々なフルーツが色鮮やかで、見ているだけで楽しい。

Ishigaki101309-4.jpg
中でもオススメは、“あやぱにモール”中央に位置する、市場のある建物の2Fにある、石垣市特産品販売センター。純石垣島産の特産品にこだわった品ぞろいは一見の価値ありだ。1Fには石垣牛など生鮮品を扱う市場があるので、この建物を見れば、石垣島の特産品を一通り見ることができる。

Ishigaki101309-9.jpg
石垣市特産品販売センターの中はこんなかんじ。お菓子やお酒などの食品から、民芸品など、様々なカテゴリーの商品がブースに分かれている。

Ishigaki101309-5.jpg Ishigaki101309-6.jpg
1Fの生鮮食品の市場。もちろん石垣牛もありますよ!

Ishigaki101309-11.jpg
“あやぱにモール”を離れ、店舗がある大通りから一歩奥に入ってみると、そこには昔ながらの石垣島を思わせる、味のある石造りの塀や民家が。

Ishigaki101309-10.jpg
塀の切れ間からのぞく、古い民家。市街でもまだこんな建物が残っているんですね

石垣島に観光に来る際は、大抵の人が最初に目にする風景は、この港エリアの中心街。中心街とは言っても、都市のような巨大さはなく、那覇などと比較してもはるかに小さな規模。

とはいえ街は“あやぱにモール”というアーケード街を中心に周辺に広がり、昔ながらの離島の生活を思わせる、味のある民家や石造りの塀などは、見る影もない。しかし、一歩大通りからはずれ、脇道を進んでみると、意外と簡単に古い民家や石造りの塀を発見することができる。
関連記事









exclusive60g.png

2009'10'14(Wed)02:07 [ 沖縄・八重山諸島 ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/73-55b94995
trackback