見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
蒼天のカサブランカ
翌朝、モロッコ・カサブランカのホテルの一室で目を覚ました。寝ぼけ眼で部屋にある小さなテラスに出ると、雲ひとつ無い抜けるような蒼空が広がっていた。

Casablanca60112-1.jpg
いろいろカサブランカの中心エリアを探し歩いた中で、ここが一番良かった。

眼下には、いくつかの国旗がはためいていた。その中には日本の国旗もあって、ちょっとうれしかった。宿泊した “オテル・アストリッド”(Hotel Astrid)は、コンパクトだが清潔感がある、カサブランカではオススメのミニホテル。僕と先生は準備をして朝の散策に出かけた。

Casablanca60112-2.jpg Casablanca60112-3.jpg
フレンチスタイルのカフェで朝食。オレンジジュースの代わりにパン2つでもいいんだけど・・・。

まずは朝食が食べられる場所を探した。まだ朝なので選択肢はあまり多くなかったが、ホテル近隣のカフェに入った。席から街が眺められる、いかにもフレンチスタイルのカフェという雰囲気。朝食セットを頼んだらエスプレッソにオレンジジュースが付いて、結構豪華だった。

Casablanca60112-4.jpg
広場に隣接した公園には、ベンチに座ってボーっと過ごしている人が多かった。

朝食を食べて、まずは街の中心にある大きな広場 “ムハンマド5世広場”(Place Mohammes V)へ。広場周辺は公園や聖堂、市庁舎、裁判所、中央郵便局、劇場など、事実上の街の中枢機関が集まっているのだが、見ての通り時の流れを忘れるようなのんびりした空気が漂っていた。

Casablanca60112-5.jpg Casablanca60112-6.jpg
ハトおじさんがエサをばらまいていた。(左)広場の中央には噴水がある。(右)

広場の中央には噴水があって、その周囲にはハトがいっぱい。ハトたちの中心にはエサをまくハトおじさんの姿が。昼に近づいてきたせいか太陽が頭上にギラギラと輝いていたけど、砂漠気候で乾燥しているせいかあまり暑くはない。中心地区に限って言えば、カサブランカの街のサイズはそれほど大きくはない。だいたい1㎞四方もあれば、街の中心部はすっぽり入ってしまう。ただし、北側の旧市街や、さらに奥にあるビーチエリアを入れるともう少し大きくなる。

Casablanca60112-7.jpg
ピッツァリアでは、フランスパンにミートとレタス、トマトなどを挟んだサンドイッチを注文した。

実はカサブランカ滞在は1泊だけで、午後には鉄道でマラケシュに向かう予定になっていた。モロッコの観光の見所は内陸部のマラケシュやフェズといった交易都市に集中しているので、スケジュール的にカサブランカで過ごす時間を調整せざるを得なかったのだ。僕たちは街を散策した後、一旦ホテルに戻り荷物を引き取り、鉄道駅である “カサ・ヴォワジャー駅” へと向かった。鉄道の発着時間までまだ時間があったので、駅近くのピッツァリアで昼食を食べた。

Casablanca60112-8.jpg
線路と段差のないバリアフリーなホームがちょっと新鮮。

チケットを買って、カサ・ヴォワジャー駅で鉄道を待つことしばし。見ての通りホームはバリアフリーで段差がほとんどなく、対面のホームまで歩いて渡れる状態。鉄道の発着を待つ人もそんなにいない。じつにのどかな雰囲気で、ポカポカした陽気と相まってなんだか眠くなる。

Casablanca60112-9.jpg
カサブランカから向かうマラケシュは、モロッコ最大の観光都市だ。

しばらくするとホームに車両が入ってきた。砂埃にまみれた、いかにもな感じの鉄道。どことなくテレビ番組の「世界の車窓から」を彷彿する世界観。まさにそんなイメージ。

そんなわけで、僕と先生はカサブランカから鉄道で一路マラケシュへと向かうのだった。




  
関連記事









exclusive60g.png

2012'06'01(Fri)22:48 [ カサブランカ ] CM2. TB1 . TOP ▲
COMMENT


いい青空ですね。

旅情を誘います。

東京も青空が多くなり、
ストレスがたまりつつある今日この頃です。

マラケッシュ、どのような街なのか楽しみです。
2012/06/02 21:33  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

カサブランカはどちらかというとモロッコの玄関口的な街で、
街並みもヨーロッパっぽいテイストの建築物が多いです。

内陸部にあるマラケシュやフェズにはモロッコらしい古い街並みや
活気のある市場が残っているので、ある意味ここからがモロッコの
旅のスタートと言えるかもしれません。
2012/06/03 00:46  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/746-c26e368e
trackback
 まとめtyaiました【蒼天のカサブランカ】 
翌朝、モロッコ・カサブランカのホテルの一室で目を覚ました。寝ぼけ眼で部屋にある小さなテラスに出ると、雲ひとつ無い抜けるような蒼空が広がっていた。いろいろカサブランカの中心エリアを探し歩いた中で、ここが一番良かった。眼下には、いくつかの国旗がはためいてい...  

2012/06/02 03:31  まとめwoネタ速neo