見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
世にも風変わりな「物々交換」の自動販売機
Vendingmachine60612-3.jpg
自動販売機の考案者、リナ・フェネキートさん。

ニューヨーク・ブルックリンのアイスクリーム屋に、世にも風変わりな自動販売機が設置されているんです。この自動販売機の中に入っているのは本やおもちゃ、手作りの作品などで、お金ではなく手持ちの品物と交換するという仕組み。「リサイクル」を発想の原点とした実にユニークな自動販売機で、将来は世界各国に設置される、なんてこともあるかもしれません。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Vendingmachine60612-1.jpg
アイスクリーム店、アンプル・ヒルズ・クリーマリー。

Vendingmachine60612-2.jpg
店内の一角に設置された自販機 “スワップ・オ・マティック”。

以下、6月6日のCNNより抜粋

アメリカ、ニューヨーク・ブルックリンに、風変わりな自動販売機が設置されている。中に入っているのは本やおもちゃ、手作りの作品など。どれもお金で買うのではなく、手持ちの品物と交換する仕組みになっている。人気アイスクリーム店、アンプル・ヒルズ・クリーマリーに設置された自販機 “Swap-O-Matic”(スワップ・オ・マティック)を考案したのは、リナ・フェネキートさん。デザイン学校の卒業プロジェクトに、大量消費や浪費の問題を提起しようと手作りしたのが始まりだ。視覚デザインや電子工学の専門家から協力を得て改良を加え、2011年8月にタッチパネルと電子ロックを備えた現在の形を完成させた。

Vendingmachine60612-4.jpg
タッチパネルでメールアドレスを入力。

Vendingmachine60612-5.jpg
交換する品物は、庫内に入るサイズならどんなものでも良い。

使い方は簡単だ。画面上で自分の電子メールアドレスを入力し、品物を提供するか、受け取るか、交換するかを選択する。取り引きはポイント制になっていて、新規利用者には3ポイントが与えられる。品物を提供するたびに1ポイントずつ加算され、受け取ると1ポイント差し引かれる。庫内に入るサイズならどんな品物でも良い。絵画や手書きの詩が入っていたこともあるという。フェネキートさんの発想の原点となったのは、両親に教えられたリサイクルの精神だ。米国内だけでなく、ブラジルやタイ、英国、イタリアからも反響がある。現在、仲間とともに、ソーシャルメディアやタッチスクリーンの最新技術を採用した新型自販機を開発中。今秋までに完成させ、設置場所も増やす計画だという。(CNN)


Vending machine lets you trade for stuff


物々交換の自動販売機、非常にユニークな試みだと思うのですが、使う側のセンスとモラルが要求されますね。でもまぁ、現時点ではアイスクリーム店の中に設置されているということなので、うまく運営されているのかもです。さて、僕だったら何を入れるかな・・・。




  

関連記事






exclusive60g.png

2012'06'06(Wed)21:31 [ World 'Unique' News ] CM0. TB1 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/750-a907d169
trackback
 まとめtyaiました【世にも風変わりな「物々交換」の自動販売機】 
自動販売機の考案者、リナ・フェネキートさん。ニューヨーク・ブルックリンのアイスクリーム屋に、世にも風変わりな自動販売機が設置されているんです。この自動販売機の中に入っているのは本やおもちゃ、手作りの作品などで、お金ではなく手持ちの品物と交換するという仕...  

2012/06/09 03:43  まとめwoネタ速neo