見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
意外にも優雅なジプシーたちの私生活
gipsy62812-21.jpg
ジプシーに扮したケイト・モス。(Women's Weekly)

住む家を持たず、貧しいながらも旅をしながら生活を営む、「流浪の民」というイメージが強い “ジプシー”(gypsy)。旅が好きなバックパッカーなら、一度は憧れる生き方のひとつなのではないでしょうか。しかし、そんなジプシーのイメージを大きく覆す、優雅に暮らすジプシーたちの姿をイタリア・ローマのフォトグラファー “Carlo Gianferro” さんが撮影していました。ローマに築かれた、ルーマニアとモルダヴィアからやって来た裕福なジプシーたちのコミュニティーなのだそうで、写真を見ると一目瞭然なのですが、彼らは貧乏どころか相当裕福な暮らしをしているようです。もちろんすべてのジプシーが裕福というわけではありませんが、中にはこのように成功したジプシーたちもいるということで、実に興味深い写真の数々なんです。


ジプシーとは・・・
ジプシーは、一般にはヨーロッパで生活している移動型民族を指す。転じて、様々な地域や団体を渡り歩く者を比喩する言葉ともなっている。元々は、「エジプトからやって来た人」という意味の「エジプシャン」の頭音が消失した単語である。(Wikipedia)


続きはこちらから
  ↓↓↓




gipsy62812-3.jpg


gipsy62812-4.jpg


gipsy62812-5.jpg


gipsy62812-6.jpg


gipsy62812-7.jpg


gipsy62812-9.jpg


gipsy62812-11.jpg


gipsy62812-12.jpg


gipsy62812-13.jpg


gipsy62812-14.jpg


gipsy62812-15.jpg


gipsy62812-16.jpg


gipsy62812-17.jpg


gipsy62812-19.jpg


gipsy62812-20.jpg


撮影したCarloさんは、自身の言葉で「これらのポートレイトは、彼らが最終的に自分の居場所を見つけ、確立することに成功したことを示している」(These are portraits of a people wanting to show that they have finally succeeded in finding and forging a place and a dignified)と結んでいます。流浪の末に求めたのは自らの居場所だった、ということなのかもしれません。


参考記事: 「ジプシー=貧しい流浪の民」ではなかった!? 彼らの豪華絢爛な私生活の実態を見よ! & ROMA INTERIORS (2007-2008)


  

関連記事






exclusive60g.png

2012'06'29(Fri)19:09 [ World 'Unique' News ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


先日は、当ブログに遊びに来て下さって
ありがとう御座います。
初コメですが・・・・

これらの写真は興味深いですね~
確かに、ジプシーという言葉のイメージからは
かけ離れていますね^^
驚きです^^*/

海外は行く事もありますが、仕事で行く事が
今は、ほとんどなので、こういう情報は
面白いです!
これからも色々教えて下さいね^^
2012/06/29 21:59  | URL | たえ #fddzkx5k [edit]


たえさん、はじめまして!

写真のジプシーたちは、室内の装飾や雰囲気を見る限りでは
相当裕福な生活をしているように見えます。
「ジプシー=貧しい流浪の民」というイメージは完全に崩れてしまいますね。

僕も以前はシーズン毎に商談などでヨーロッパをよく訪れていたのですが、
最近は自分の興味の趣く国を訪れるようになりました。

楽しんで頂けるような記事を更新していきたいと思っていますので、
これからもよろしくお願いします!
2012/06/29 23:04  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/762-903aed4a
trackback