見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
マラケシュの新市街、ギリーズ
僕と先生は、フナ広場を離れてモロッコ、マラケシュの街を歩いた。

Marrakech73012-1.jpg
フレンチスタイルのカフェもあったのだが、日中だったせいか客はいなかった。

マラケシュの街は “ギリーズ”(Gueliz)と呼ばれる新市街と、ジャマ・エル・フナ広場を中心とした “メディナ”(Medina)と呼ばれる旧市街に分かれている。また、旧市街の南側には宮殿や寺院、庭園などがある史跡地区があり、大きく3つのエリアに分かれている。

Marrakech73012-2.jpg
街角の売店。カサブランカとは違い、新聞を床置きにはしていなかった。

活気のあるフナ広場や世界最大規模と言われるスークがある旧市街に比べ、新市街は驚くほど静かで、人の姿はまばらだった。店と言えば客のほとんど入っていないレストランやカフェ、マクドナルドやピザハットなどのファーストフードのチェーン店くらいだ。

Marrakech73012-3.jpg
セレブな雰囲気のショッピングエリア。覗いてみたが残念ながら収穫はなかった。

フナ広場から新市街の中心部までは徒歩だとかなりの距離があり、目抜きの大通り1本であるにもかかわらず、道沿いにほとんど何の施設もなく、単調な風景の道が延々と延びているため、少々拍子抜けしてしまった。フナ広場やスークがある旧市街とは対照的だった。

Marrakech73012-5.jpg
大通りを闊歩する馬車。移動手段と言うより、観光客向けの乗り物。

それでもスポット的にはショッピングゾーンはある。前回記事で紹介した ZARA HOME や、高級イメージのブティックがいくつか入ったショッピングセンター的なものは見かけた。ただし、商品的にはごくありふれたブランド・ブティックで、店の規模も大きくない。

Marrakech73012-6.jpg
夜のフナ広場。イタリアンレストランの3階席から撮影。

日中の炎天下の中、距離を歩いた割に収穫が無かったので、やや残念に思いながら帰路についた。途中、ちょっと面白いエピソードがあって、僕たちが歩いていると目線の先に1人の兄ちゃんがいたのだが、前を歩いているおじさんがパンツのヒップポケットに札を入れているのを見つけるや否や、すれ違いざまにバシッっと抜き取ったんだけど、おじさんはそのまま何気なく歩いて行くし兄ちゃんも堂々としてるので、スリなのかどうか断定できなかった。

Marrakech73012-8.jpg Marrakech73012-9.jpg
アルデンテとかそういうレベルではなかったパスタと、マルゲリータらしきなにか。

まぁそんなこんなで、いつのまにか夜に。いつものように活気に溢れる夜のフナ広場をしばらく歩いた後、なんとなく魔が差してフナ広場周辺のイタリアンレストランに入った。立地は良かったのだが、これは大失敗。パスタはフニャフニャ、ピザはボテボテ。インドのヴァラナシで食べたチーズボテボテのありえないピザを思い出してしまった。ちょっと反省。

Marrakech73012-10.jpg
待ちネコ来る。椅子の上に寝ていたのだが、挨拶するとノソノソやって来た。

なんかイマひとつうまくいかず、宿泊しているリヤドに戻ってくると、無人のロビーでカワイイ待ち人・・・いや待ちネコが。僕たちが挨拶すると、人なつっこく近づいてきた。

Marrakech73012-11.jpg
見つめるつぶらな瞳。やっぱネコがいると宿での盛り上がりが違うよね。

リヤドの構造上、外部から侵入できるような感じではないので、きっとリヤドで飼われているネコなんだろうと思う。結構キレイだし、まだ子猫だ。人には慣れているようで、まったく警戒はせず撫でられるまま。その夜はしばらくネコと一緒にロビーで過ごしたのだった。




  
関連記事









exclusive60g.png

2012'07'31(Tue)20:40 [ マラケシュ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/781-341c99bd
trackback