見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
早朝のフナ広場に出かけよう
明け方、いつもよりずっと早く目を覚ました。連日、盛大なにぎわいを見せる夜のマラケシュ・フナ広場のお祭り騒ぎに、きっと無意識のうちに興奮していたのだろう。

Marrakech80812-1.jpg
リヤドの屋上テラスから見た明け方の空。

部屋の外に出ると、まだ日の出前で辺りは薄暗かった。リヤドの屋上テラスから空を見上げると、西の方が薄紅色を帯びていた。もうすぐ太陽が昇るのだろう。

Marrakech80812-2.jpg
早朝の屋上テラスは貸し切り状態。

屋上テラスで周囲の風景を眺めていると、薄暗かった空はいつのまにか明るく、パープルのグラデーションへと変化していた。せっかくなので、朝の散策に出かけることにした。

Marrakech80812-3.jpg
朝と夜のフナ広場は、別の場所のように雰囲気がガラリと変わる。

リヤドから出て、細路地からフナ広場に出ると、昨晩のお祭り騒ぎはどこへやら、嘘のようにガランとしていた。あれだけあった屋台や露店の姿がほとんど無いのだ。

Marrakech80812-4.jpg Marrakech80812-5.jpg
早朝、フナ広場を清掃する清掃員たち。(左)屋台にはカバーがかけられている。(右)

よく見ると、清掃員の姿が。これだけ広大な広場の清掃にしては人数は少ないが、毎朝、あのお祭り騒ぎの後片付けをして、きちんと清掃し、衛生状態を保っているのだ。

Marrakech80812-6.jpg Marrakech80812-8.jpg
ミントティーで使うミントが山積みになっている店。(左)地元の人たちが朝の時間を過ごしていた。

スークの方にちょっとだけ足を踏み入れてみた。ほとんどの店はまだ閉まっていたが、数軒のお店は開いていた。どの店も観光客向けではなく、地元の人たちが利用する店だ。

Marrakech80812-7.jpg
路地にはほとんど人の姿はない。夜のにぎわいを見ているだけに不思議な光景だ。

しばらく散策したらお腹が空いてきたので、あまり深入りする前に宿に戻ることにした。特に何をしたわけではないが、まだ人気のない早朝のフナ広場界隈が見れたので満足した。

Marrakech80812-9.jpg
クレープ、パン、サラダ、ヨーグルト、それにフレッシュジュース。元気が湧いてくる。

さて、宿泊先のリヤド “ホテル・シェラザーデ”(Hotel Sherazade)に戻り、朝食ビュッフェを食べた。早起きして一散歩したおかげで、心も身体もすっかりアクティブになっていた。




  
関連記事









exclusive60g.png

2012'08'08(Wed)23:38 [ マラケシュ ] CM0. TB1 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/785-245c77f1
trackback
 モロッコのおみやげのオットマン 
モロッコで購入したオットマンです。 かなりバチッとした色の、 青とピンクのオットマン。 フェズという街のクッション店で、 たっぷり時間をかけて値段交渉して、 購入しました。 値段忘れましたが。 たぶん、それぞれ2~3000円くらいだったかと。 こんなカワイらし…  

2012/08/13 11:52  旅のヒント集