見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
マラケシュ、ネコと眠った夜
モロッコ・マラケシュで宿泊したリヤド “ホテル・シェラザーデ”(Hotel Sherazade)にはネコがいる。まだ子供で、グレーと白の人懐っこいネコだ。滞在中、そのネコとコミュニケーションを取っているうち、すっかり仲良くなってしまった。今回はそんなネコの話。

Marrakech91112-5.jpg
人で賑わいはじめる、日没後のフナ広場。

陽が沈み、夜の帳が降りはじめたフナ広場では、すでにすっかりお祭りモードだった。僕と先生はフナ広場で夕食を食べるべく、うまそうな店を探して無数に連なる飲食店の露店を練り歩いた。夜のフナ広場は連日歩いていたが、露店で食べるのはこれが初めてだ。

Marrakech91112-6.jpg
どの店も満席で、席を確保するのも大変。

どの店も客で賑わっており、外見だけでどの店がうまいか判断するのはなかなか難しい。客が食べているものを横目に、とりあえず雰囲気のある店を選んで席に座った。目的はもちろんクスクスだ。カウンター席に座ると、すぐにウェイターが “ホブス”(モロッコ風の丸いパン)と “ハリッサ”(唐辛子ペースト)、オリーブなどの皿をカウンターテーブルに置いた。

Marrakech91112-7.jpg Marrakech91112-8.jpg
ホブスとハリッサ、それにオリーブ。(左)クスクスは決してレストランに劣らぬ味。(右)

これまでフナ広場界隈の何軒かのレストランでクスクスを食べて、どの店で食べても安定した味であることは知っていたが、露店の味がレストランとどう違うのか興味があった。しばらくすると、注文したクスクスがテーブルに運ばれてきた。クスクスはタジン鍋風の器ではなく、平皿に盛り付けてあったが、味はレストランと遜色ないレベルだった。クスクスは店によって塩気や野菜の種類が多少異なるが、肉も野菜もしっかり煮込まれていて、ハズレのない料理だ。

Marrakech91112-9.jpg
リヤドへと続く細路地。街灯代わりのモロッコランプの光が幻想的。

露店のクスクスに満足し、いつもの細路地を通り、宿泊先のリヤドへと向かった。街灯代わりのモロッコ風のランプから漏れる光の模様が壁に描かれ、きれいだった。

Marrakech91112-10.jpg
重厚な鉄の扉がリヤドの入り口。さらに奥へ進むとロビーがある。

重厚な鉄製の扉をくぐり、リヤドの中へ。奥のロビーに足を踏み入れると、すっかり仲良くなったネコがあいさつをしに近づいてきた。いつもならロビーでしばらくネコと時間を過ごし部屋に戻るところだが、その夜は違った。ネコと挨拶を交わし、一旦部屋に戻ろうとロビーと上階の部屋を結ぶ階段を上ると、ネコも後を追うようについてきたのだった。

Marrakech91112-12.jpg
部屋までついてきてしまったネコ。たぶんまだ子供。

階段を上る僕たちの後をチョコチョコとついてきて、結局部屋の前まで来てしまった。部屋のドアを開けると、そのまま成り行きでネコも一緒に入ってきた。これまで宿に犬や猫がいることはそれほど珍しいことではなかったが、部屋までついてきたのはこれが初めてだった。

Marrakech91112-13.jpg
警戒する素振りもなく、リラックスしている様子。

ネコは僕たちと一緒の部屋に入っても警戒する様子はなく、リラックスしているようだった。実はこのネコ、僕たちはまだ名前を知らない。ノラなのか、それとも宿で飼われているのかも分からない。というのも、いつも会うのは夜帰ってきた時の無人のロビーだったので、ネコを交えて宿のスタッフと話すことがなかったのだ。しかし、我が物顔でリヤドの中を歩き回り、これだけ人間に対して警戒心がないところを見ると、おそらくノラではないだろう。

Marrakech91112-11.jpg
いつのまにか先生の膝の上で眠ってしまった。

いや、もうカワイイのなんのって、撫でてたら気持ちよさそうに目を閉じて、そのまま先生の膝の上で寝ちゃったんです。ここまでリラックスできるところを見ると、もしかしたら時々宿泊客の部屋にお邪魔しているのかもしれない。なんだか珍しい体験で、思いがけない小さな珍客にちょっぴり気をつかいながら、癒やされた夜になったのだった。




  
関連記事









exclusive60g.png

2012'09'11(Tue)17:30 [ マラケシュ ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


モロッコって異国情緒たっぷりで、
露天のクスクスなど、食べ物も美味しいのですね!

部屋までついて来て膝の上で眠ってしまう珍客、
可愛かったです。
2012/09/12 07:29  | URL | neko3578 #9XmQcx3o [edit]


neko3578さん、こんにちは!

モロッコはアラブ世界の国なのですが、フランスの保護領時代や、
ジブラルタル海峡を挟んだ隣国スペインなどの影響を受けていて、
文化的にとっても魅力的な国なんですよ!

ネコですが、まだ子供なのか人間に対して警戒心がなかったです。
モロッコでは街のあちこちでネコの姿を見ました。
2012/09/12 21:14  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/799-0c07f8dd
trackback