見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
モロッコ、カスバ街道の城砦村
モロッコ・マラケシュからサハラ砂漠を目指して、僕たちの車は走り続けた。

Marrakech92312-16.jpg
荒れ地から山岳地帯へ。草木がほとんど無い土色の山々が連なっている。

マラケシュを出発した当初は平坦な荒れ地だったが、いつのまにかグネグネと曲がりくねったコーナーが連続する峠道を走っていた。“オート・アトラス”(Haut Atras)と呼ばれるモロッコの山脈地帯は、3000〜4000m級の山々が連なっており、一番高い山ま4167mにも達する。

Marrakech92312-17.jpg
峠道には車通りはほとんどない。緑が無いのでかなり殺風景だ。

途中の休憩ポイントでツアースタッフの女性が降り、車内はベルベル人のドライバーと日本人女性、オーストラリア人女性、それに先生と僕の5人になっていた。同じツアーの僕たち旅行者は、車内でちょっとしたコミュニケーションを取れるくらいには打ち解けていた。

Morocco100112-7.jpg
人の住んでいる集落にだけ緑が点在している。いわゆるオアシスな場所だ。

山岳地帯を抜けると、乾燥した平坦な大地が広がっていた。マラケシュ周辺の荒れ地よりも緑が少なく、もう砂漠までさほど遠くないことを感じた。乾燥した砂漠地帯にも畑があり、村のような集落には大地と同じ色彩の建物が建っている。モロッコらしい土造りの家だ。

Morocco100112-2.jpg
遠方に異様な建造物が姿を現した。

そのまましばらく走っていると、遠方に巨大な建造物のようなものが見えた。建造物の周囲には、集落のようなものも見える。遠目ではゴチャゴチャしていてよく分からないが、人工的に建てられたものであることは明らかだ。車はそのままその建造物に近づいていった。

Morocco100112-3.jpg
アイト・ベン・ハッドゥはベルベル人の城砦村だ。

オート・アトラスの麓、マラケシュとワルザザードを結ぶカスバ街道にある、この異様な雰囲気の建造物は “アイト・ベン・ハッドゥ”(Ksar of Ait-Ben-Haddou)と呼ばれる城砦村で、ベルベル人達がアラブ人などの外敵から守るために築いた “クサル” と呼ばれる要塞だ。

Morocco100112-4.jpg
要塞の内部。この場所は、数多くの映画のロケ地になっている。

アイト・ベン・ハッドゥは、映画 “グラディエーター”をはじめ、“ハムナプトラ2”、“アラビアのロレンス”、“ナイルの宝石”、“ソドムとゴモラ” など、数多くの映画のロケ地となっている。

Morocco100112-5.jpg
ベルベル人の青装束。内部は迷路のように入り組んでいる。

僕たちは車を降りてアイト・ベン・ハッドゥを散策した。興味のある場所だったが、事前にツアーのルートに組み込まれていることを知らなかったので思わぬ幸運だった。車を降りて少し歩くと川があり、その先にアイト・ベン・ハッドゥがそびえ立っている。橋のない川をなんとか渡り、要塞内部へと入っていく。迷路のように入り組んだ小道を、ひたすら上へと登った。

Morocco100112-6.jpg
要塞頂上から見た景色。眼下には川が流れており、水深は浅い。

かなり大規模な建造物で、要塞の最上部までたどり着くのには想像以上に骨が折れた。途中何度も道を間違え、息切れしながら最上部に登り詰めると、そこに広がっていたのは絶景だった。眼下に流れる川を渡り、要塞の頂上まで登ってきたのだが、上から見るとかなりの距離を歩いてきたのがよく分かる。川を挟んだ向かいも、無数の家が連なり、大きな集落になっている。

Morocco100112-8.jpg
川の対岸に広がるのが新しい村で、一部を除いて住民はそちらに移り住んでいる。

約500年ほど前に建てられたアイト・ベン・ハッドゥは、かつてはたくさんの人々が暮らしていたが、現在も居住している住人は数家族だけなのだそうで、かつての居住者たちは川の対岸に造られた新しい村に移り住んだのだという。また、ユネスコ世界遺産に登録されている

Morocco100112-1.jpg
乾いた大地を貫く、カスバ街道の風景。人も建物も、植物も何もない。

アイト・ベン・ハッドゥでゆっくりと時間を過ごした後、僕たちを乗せたバンはサハラ砂漠に向けて再び出発した。集落から離れると、何もない乾いた大地が広がっている。地図を確認すると、東に30㎞ほどの場所に “ワルザザート”(Ouarzazate)という名の、比較的規模の大きい町がある。そのはるか東に、僕たちが目指すサハラ砂漠の入り口がある。距離にするとまだまだはるか先だが、乾いた大地からここがもう砂漠であることを感じずにはいられなかった。




  
関連記事









exclusive60g.png

2012'10'02(Tue)18:10 [ サハラ砂漠 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


とても魅力的な記事でした!!
また遊びに来ます!!
ありがとうございます。
2013/01/21 14:46  | URL | 履歴書 #- [edit]


履歴書さん、はじめまして!

ありがとうございます。
モロッコは文化的にとても魅力のある国です。
食べ物もおいしいですよ!
2013/01/21 17:48  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/805-66640ca8
trackback