見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
世界各国のハロウィン
Halloween103112-1.jpg
世界各地のハロウィンはどのように祝っているのだろうか。

Trick or Treat!10月31日の今夜は “ハロウィン”(Halloween)。最近では、日本でもハロウィンを祝うようになってきましたが、ハロウィン風習が根付いていない日本では、欧米と比べると商業的にハロウィンのお祭りを取り入れているという印象が強いです。それでも毎年この時期になると、街のいろいろな場所でハロウィン・パーティー開催のポスターやチラシをよく見かけます。僕は学生時代、アメリカ系の学校だったので、毎年ハロウィンの仮装ダンスパーティーを学校が開催していました。大学時代にアメリカに住んでいたときは、ハロウィンの夜、仮装した近隣の子供たちが一斉に周りの家々に押しかけ、「Trick or Treat!」と言ってドアを叩きます。ドアを開けると子供たちは大騒ぎで手を出すので、用意していたお菓子をあげるんです。その夜だけはとっても賑やかなんですよ〜。さて、ハロウィンの今夜は、世界各国のハロウィンがどのように祝われているのか、興味があったのでちょっとまとめてみましたよ!


続きはこちらから
  ↓↓↓




Halloween103112-9.jpg
アイルランド───発祥の地

北アイルランドに位置する町、デリーがハロウィン発祥の地。19世紀以前アイルランドでは収穫期の終わりと冬の始まり(アイルランドでは夏は10月31日に終わる)に1年の後半の始まりを祝う古代のお祭り “Samhain”(サワーン)が行われていました。古代のアイルランド人にとってこの日は「時が移り、時間と空間が一時的に交り合い霊界と現世を結ぶ」とされ、夜には死者の霊が魔女や幽霊、妖精と共に表れると人間に取りつくとされていました。そこで、町の人は悪霊を追い払うために丘の上に火を焚き、家の明かりを消し、隠れることで身を守ろうとしたそうです。そして、恐ろしい格好をして音を立てながら町を徘徊し取りつこうとする悪霊を追い払おうとしました。これがハロウィンの起源と言われています。ハロウィンの日に特別に食べる食べ物があります。それは “Barnbrack”(バーンブレッグ)というアイリッシュ・レーズンケーキ。ハロウィンの日に近所の方と一緒に食べるのですが、ケーキの中に様々な物が入っていて指輪が入っていたら、その人は早く結婚が出来る。ボタンは独身、コインかそら豆が入っていたらお金持ちに、エンドウ豆は貧乏にという占いの意味が込められてました。

アイルランドの人々が楽しみにしていた、こんなに楽しいハロウィンも、19世紀に起こった大規模な飢饉で100万人以上の人が犠牲になり、生きるために職を求めこの国を出て行きました。沢山のアイルランド人がアメリカへ移り渡り、そして、このハロウィンの伝統を伝えたとされ、今では世界中に広まったとされています。

Halloween103112-2.jpg
イギリス、ウェールズ地方とスコットランド

イギリスでは、家中の至る所にキャンドルを灯し、万聖節のケーキを食べます。ウェールズでは “Trick or Treat” は一般的な習慣です。スコットランドでは、かぼちゃではなくカブの一種 “スィード”(Swede)をランタンに使います。昔ハロウィンの夜、恋人たちはキャベツ畑で目隠しをして選んだキャベツを引き抜き、泥のつき方で恋の行方を占う「ハロウィン占い」をしていたそうです。

Halloween103112-3.jpg
北アメリカ・カナダ

アメリカでは、ハロウィンは最も大きな、最も愛されている休日の1つです。人々は狂ったようなコスチュームに身を包み、 “Trick or Treat” と言ってキャンディをせがみます。カナダでは、伝統的なハロウィンが今でも残っています。子どもたちの大好きな “Trick or Treat”(仮装をして近所にお菓子をもらいます)は、かぼちゃのランタン “jack-o'-lantern” が窓に飾ってある家を目印として周ります。ランタンは「お菓子をあげるよ」という目印の役目が有ります。

Halloween103112-4.jpg
北ヨーロッパ・イギリス

北ヨーロッパ諸国では、ハロウィンの夜、人々はロウソクを灯し、彼らの過去の思い出を祝います。しかし、ここ数十年は仮装して祝うアメリカンスタイルになっています。イギリスでは、ハロウィンよりも「Guy Fawkes Day」(1605年に起こった国会爆破未遂事件)が浸透し、盛り上がっています。最近ではハロウィンとごちゃ混ぜになり、子どもたちは布きれなどで人形を作り「Penny for the Guy!」(ガイの為に小銭を下さい)と近所を周ります。

Halloween103112-5.jpg
西ヨーロッパ

西ヨーロッパの大部分の国ではアメリカの伝統を採用しました。そして、若干の地域で子供たちは仮装して出かけます。大部分の人は、仮装してパーティーに行くのを好みます。しかし、古い世代の人々はこのお祭りに満足していないようです。ドイツでは、日本と同じようにレストランやお菓子メーカーなどが期間限定のメニューなどが登場します。仮装は子どもたちだけで、大人はパーティーなどに行かなければ仮装はしません。最近では大人が仮装をして電車に乗り警察沙汰になったこともあるようです。

Halloween103112-6.jpg
スペイン、ラテンアメリカ・メキシコ

大部分のスペイン話を話す国では 、ハロウィンは「死者の日」として知られています。お祭りは、10月31日から11月2日まで3日間続きます。人々の家は、写真、キャンディ、花、食物などで飾られ、小さな祭壇を造ります。カボチャ頭の特別なお菓子が焼かれます。メキシコでは、最近はお隣の国、アメリカからの影響もあり街中はハロウィンの装飾が見受けられるようになりました。しかしすぐに、年に一度あの世からの死者を迎えるメキシコ内で一番のお祭り「死者の日」があり、骸骨とかぼちゃが混ざり合い独特の雰囲気に染まります。子どもたちはランタンを持ち小銭をもらって町中を周ります。

Halloween103112-7.jpg
中央・東ヨーロッパ・ルーマニア・

ルーマニアでは、ハロウィンの日はルーマニアから登場したと言われている「ドラキュラ伯爵」にちなんだイベントが開催されます。ハロウィンはここ最近子ども達向けにパーティーを開くところが増えてきています。中では、中学校主催でナイトクラブを貸し切ってダンスパーティーを開催するところも有るそうです。旧チェコスロバキアの家では、人々は家族の生死に関わらず、家族の人数分の椅子を燃やします。

Halloween103112-8.jpg
アジア、日本・香港・中国

日本 、フィリピン、インドなどの多くのアジア諸国では、若い世代はアメリカのハロウィンの伝統を採用しました。しかし、ハロウィンの風習はまだ広く分散していません。また、大部分の年配者は彼らの大ファンではありません 。しかし香港では、“Living Ghosts” のお祭りで、死者に贈り物をすることで祝われます。中国では、「西方的鬼節」「万聖節前夕」などと呼ばれ、新しい賑わいを見せています。しかし上海や北京など主要都市だけで、はやり全土ではあまり浸透はしていません。上海では毎年大規模な船上ハロウィンパーティーが開催されています。


参考記事: Halloween Celebrated Around the Globe & 世界各国のハロウィンはどうなってるの?


  

関連記事






exclusive60g.png

2012'10'31(Wed)20:48 [ World 'Unique' News ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは~

パン、美味しそう。

ハロウィンを知ったのは、
アガサのミステリーでした。

その時はイメージまったくわきませんでした...
2012/11/02 06:46  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

アイルランドでハロウィンに食べるバーンブレッグ、一度食べてみたいですね。
レーズンケーキということなので、なんとなくイメージは湧きますね。

ハロウィンって日本で言うお盆に近いのかなと思うのですが、日本だとパンプキン
の飾りや仮装パーティーのイメージが強くて、実際には何のお祭りなのか知らない
人も多いのではないでしょうか。
2012/11/02 20:53  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/822-0b657b33
trackback