見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
サハラ砂漠の入り口、メルズーガの大砂丘
サハラ砂漠の入り口 “メルズーガ”(Merzouga)まで、あとわずかの距離に迫っていた。

Morocco113012-1.jpg Morocco113012-2.jpg
オアシスを出発すると、すぐに乾いた砂の大地が姿を現す。

ガイドのベルベル人男性は20代後半、いや30代前半くらいだろうか。彼の態度の変化に気付いたのは、オアシスのベルベル人たちの集落を訪れた頃からだった。僕と2人で歩いていると「自分はセックスが好きなんだ」と、しきりに下ネタを連発するようになっていた。

Morocco113012-5.jpg
途中、ガソリンスタンドで休憩。念のため水を買っておいた。

内心面倒だなと思いながらも、適当に会話を合わせていた。しかし、オアシスのレストランでの昼食の後、状況が変わった。レストラン前に駐まっているバンに戻ると、彼の仲間数人が、ふざけて車の中に乗り込んできたり、騒いだりしていた。しかも、本来ガイドの役割はここまでのはずらしいのだが、彼はサハラ砂漠まで一緒に行くんだとドライバーに交渉しているのだ。

Morocco113012-3.jpg Morocco113012-4.jpg
砂丘へ行くには、ピステと呼ばれる未舗装の砂の道を走る必要がある。

妙な不自然さに、警戒心が煽られた。そこでようやく、僕たちのグループは、僕以外皆若い女性だったことに気が付き、彼らの意図が理解できた。考えてみれば、皆女性として魅力的だ。しかし、そうと分かれば彼がサハラ砂漠のキャンプまで付いて来るのはリスクが伴う。なんとしても阻止しなければ・・・と思ったときには「いい加減にしろ!」と日本語で言葉が出ていた。

Morocco113012-6.jpg
夕方、メルズーガ砂丘のホテルの敷地に到着。

それが彼に伝わったのか、はたまたドライバーに拒否されたのかは分からないが、結果的にガイドの彼は付いては来なかった。さて、僕たちのバンは、目的地であるメルズーガ砂丘に刻一刻と近づいていた。夕方、突如舗装道路から “ピステ”(道なき道)と呼ばれる、未舗装の砂の上を走りはじめた。平坦ではあるが、見渡す限り砂以外なにもない、紛れもなく砂漠の上だ。

Morocco113012-7.jpg
ホテルの敷地内も砂で覆われているが、ところどころに緑が植えられている。

バンはスピードを緩めることなく、ものすごい砂塵を巻き上げ走っていた。周囲には、僕たちのバンに並列するように、他のツアーの車も砂塵を上げて走っている。車内はガタガタガタ・・・・・・と小刻みに激しく揺れ、モクモクと外の砂埃が車内に充満していた。思わずカンボジアで乗ったバスを思い出した。最もこちらの方がシートが上等な分、乗り心地は幾分マシだが。

Morocco113012-8.jpg
敷地の下へと延びる階段を発見。下を覗くと起伏に富んだ砂漠が広がっていた。

ピステを1時間ほど走ってようやく到着したのは、ホテルのような建物がある敷地だった。ドライバーが「最低限の物以外、車に荷物を残していけ」というので、バックパックから洗面用具や着替えなどを取り出し、僕たちはバンを降りた。フロントで登録を済ませ、準備が整うまでの間、敷地の中を散策することにした。ホテルのある敷地は高台になっていて、グルリと周囲を見渡すことができる。夕暮れ時の砂漠は、ポカポカと暖かく、そして驚くほど静かだった。

Morocco113012-9.jpg
遠くには、ラクダのキャラバンの姿が。

砂漠へと伸びる階段から下を見下ろすと、そこには砂漠が広がっていた。高台の上とは明らかに違う、起伏に富んだ柔らかな砂の大地が、延々と続いている。階段の脇にはラクダが数頭座り込んでいた。遠くからラクダのキャラバンが近づいてきた。キメ細かいオレンジ色の砂の山に太陽の光が当たり、斜面の影が美しいカーブを描いている。今、目の前に、夢にまで見たサハラ砂漠が広がっている。そう、ここからは砂漠の奥へと足を踏み入れることになるのだ。




  
関連記事









exclusive60g.png

2012'11'30(Fri)18:05 [ サハラ砂漠 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


お久しぶりです~。
お元気ですか?
サハラへ行かれていたんですね?
世界中に行きたいところがたくさんありますが、
サハラの砂丘も、見てみたいです!
砂丘の写真、とってもきれいです。
行きたいけど、やっぱり男性の方が良い場所も
ありますね。。。
Garyoさんが行ったすてきな所をブログで見れるのは
とても楽しいです♪
2012/12/05 22:24  | URL | ヒカリ #- [edit]


ヒカリさん、こんにちは!

モロッコは、比較的女性でも旅がしやすい国かもしれません。
一緒にサハラ砂漠を訪れたメンバーの中にも、1人旅の日本人女性がいました。
治安はそれほど悪くはないのですが、やっぱり多少のぼったくりはありますね〜。
2012/12/06 00:36  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/834-ab2704dd
trackback