見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
リニューアルした “Speedmaster Professional”
SpeedMaster12913-3.jpg
半世紀近くもデザインにほぼ変化がない「現行のアンティーク」と呼べる、他に類を見ない腕時計。

昨年末にオーバーホールに出して約5週間、ようやく愛用の “Speedmaster Professional”(スピードマスター・プロフェッショナル)が戻って来ました。この腕時計、ハッキリ言ってステイタス性はあまり高くはないし、ラグジュアリーさもありません。でも、僕はこの腕時計の、そんな無骨でストイックなところが大好きなんです。今回、結果的に当時購入した時より高くつきましたが、きちんと整備して、やりたいことを全部やってみたので概ね満足しています。


続きはこちらから
  ↓↓↓




SpeedMaster12913-1.jpg
遊びのないデザインだが、アリゲーターベルトになって少しは色気が出たかもしれない。

今回は通常のオーバーホールに加え、ベゼル、文字盤、針など、気になるところを一通り新しいパーツに交換し、ついでに純正のアリゲーターベルトとフォールディングバックルを付けたので、22年の歳月はどこへやら、見た目はほぼ新品になりました。もちろん中身もバッチリ。使用頻度は減っても、22年間も手元にあるとデザイン的には見慣れてしまいますが、NATOベルトからレザーベルトへと変えたことで、かなり大人っぽい雰囲気になったような気がします。

個人的にはスピードマスターは圧倒的にレザーベルトが合うと思うんです。ベルトの尾錠にはフォールディングバックルを付けてみました。これを使用することで、レザーベルトの寿命を大幅に伸ばすことが可能なので、アリゲーターなどの高級なベルトには非常に効果的です。

SpeedMaster12913-2.jpg
レザーベルトのダメージを軽減してくれるフォールディングバックルはサテン仕様をチョイス。

このスピードマスター、いろいろな派生モデルや限定モデルが販売されています。文字盤や裏ブタにデザインを加えた限定モデルは魅力的ではありますが、飽きが来るような気がします。最近ではコーアクシャルという新機構のものも魅力がありますが、そもそも先進的なデザインのものなら他にいくらでも選択肢はあるわけで、わざわざアンティークなデザイン縛りのスピードマスターである必要がない気もします。長年使っている僕のオススメは、余計な装飾が一切ないオリジナルのプロフェッショナル。手巻きで、温かみのあるプラ風防のものがいいです。裏スケ?そんなものはいりません。そのくらいストイックな方向性を追求したくなる腕時計です。

というわけで、もしスピードマスターの中から1本選ぶなら、僕は一切の虚飾を排したオリジナルのプロフェッショナルをオススメします。本当に魅力のある不思議な腕時計です。


関連記事: 思い出の腕時計をオーバーホール


  

関連記事






exclusive60g.png

2013'01'29(Tue)18:52 [ お気に入り ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは~

スピードマスター、いいですね!

自分もオメガファンなので、
あこがれの時計です。

まずはシーマスターを、
手に入れたいかと思ってはいるんですけどね。

ずっと長く使ってください。
2013/01/30 06:40  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

オメガは堅実にいい物を作っているメーカーですよね。
シーマスターも素晴らしいモデルだと思います。

僕は昔から、無骨なデザインのミリタリーウォッチが好きで、
特に機械を感じられるクロノグラフが好きなんですよ〜。

当時購入するときはブライトリングのナビタイマーと悩みましたが、
今思えばベストな選択だったと思います。

長生きしてこのスピードマスターを半世紀使えたらいいですね!
2013/01/30 10:08  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/859-d8511f4e
trackback