見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
宇宙食の過去と現在
Spacefood13113-1.jpg
スカイラブ計画地上訓練中の宇宙食を使った食事風景。(1973年)

宇宙飛行士たちが、主に無重力状態の、限られた設備の狭い宇宙船の中で食べる食事 “宇宙食”。特殊な環境下で有効活用できるように、これまで様々な工夫が凝らされてきた。

宇宙食が満たすべき要素は大きく分けて次の通り。
1)長期保存が可能であること
2)できるだけ軽量であること
3)強い臭気を伴わないこと
4)飛散しない
5)栄養価が優れていること
6)温度変化や衝撃に耐えること
7)特別な調理器具を必要としないこと


そんな宇宙食の歴史が、ビジュアルで分かりやすくまとめられていたので紹介しよう。


続きはこちらから
  ↓↓↓




初期の宇宙食は、喉に食べ物が詰まるのではないかとの不安から、チューブに入ったものやトレイに充填されたペースト状のものが多く、離乳食に近いものでもあったため、宇宙飛行士からの評判も悪かった。その後、人間は無重量状態でも問題なく食べ物を飲み込め、消化できることがわかり、現在の宇宙食は種類も豊富になった。

Spacefood13113-2.jpg
1961-1966年 マーキュリー・ジェミニ計画用に開発された宇宙食

一口サイズの固形食、チューブに入ったペースト状のもの。この時代、米ソ宇宙競争による長期にわたる宇宙滞在で、連続で宇宙食を摂らざるを得ない状況になり、これに不満をもった宇宙飛行士、ジョン・ヤングは、船内に勝手にターキー・サンドイッチを持ち込んだ。機器の汚損や食中毒などにより宇宙船を危機に陥れる可能性があるこの行為は問題となったが、食事が士気に影響するという主張は認められ、以後の宇宙食の改善につながった

Spacefood13113-3.jpg
1968-1972年 アポロ号の宇宙食

お湯が使用されるようになり、食品を水で戻して暖かい食事が可能となった。食事のメニューも増えた。当時の宇宙飛行士に必要なカロリーは、1日1人あたり2800kcalで、チューブ入りの宇宙食では一日分で重量2kgもあったものが、600gと約3分の1の重量となった。

Spacefood13113-4.jpg
1973年 スカイラブ計画地上訓練中に使用された宇宙食

生医学実験なども行われたため、食事内容も綿密にコントロールされた。半数は加水食品で、他に温度安定化食品、自然形態食品、フリーズドライ(凍結乾燥)食品、放射線照射食品が提供された。ナイフ、フォーク、スプーンを使うようになった。ただし食器などが浮遊してしまうと具合が悪いことから、各食品のパックやトレイ・食器などはトレイやテーブルにベルクロテープで貼り付けておくことができるようになっている。

Spacefood13113-5.jpg
スペースシャトルの宇宙食

一部の市販食品、自然形態食も提供されるようになり、食事の形態はだいぶ地上の生活に近いものとなっている。

Spacefood13113-6.jpg
国際宇宙ステーション(ISS)の宇宙食

国際協力により宇宙ステーションが運営されることから、各国の宇宙機関で開発した宇宙食が持ち込まれるようになった。


現在の宇宙食
Spacefood13113-7.jpg
1. 地球で使用されているものと同様の食品と調味料

現在ではより地上の食事に近いものとなり、メニューの種類もさらに増えた。一般に売られている食品をそのまま利用するものや、レトルト食品、加水食品、半乾燥食品、自然形態食、新鮮食品(果物や野菜)などがある。調味料も塩、こしょう、ケチャップ、マスタード、マヨネーズなどがそろってるが、塩とこしょうは飛び散らないように液体になっている。

Spacefood13113-8.jpg
2. 飲み物

粉末の状態で宇宙に持って行き、水を加えて飲む。飲むときにはストローをつける。ストローにはクリップがついていて、クリップを閉じると水が飛び出さないようになっている。水を飲む時は空の容器を持って行き、ギャレーでその容器に水を入れて飲む。

Spacefood13113-9.jpg
3. レトルト食品(温度安定化食品)

Spacefood13113-10.jpg
4. フリーズドライ食品

宇宙食についているアダプターから水を加え、ハサミで上面を開き、スプーン等で食べる。加水の量や待ち時間は食品によって異なり、各宇宙食のラベルに記載されている。

Spacefood13113-11.jpg
日本宇宙飛行士のボーナス食

スペースシャトルへの搭乗ミッションでは、クルーの栄養維持やリフレッシュ用などに、その宇宙飛行士個人の好物が「宇宙日本食」以外にも特別メニューとして積み込まれる。これらは日本人クルーの分だけではなく、他のクルーが消費する分も用意され、いわゆるコミュニケーションツールとしての側面を併せ持つ。


参考記事: Weightlessness & Tastelessness: The NASA Space Food Systems Laboratory, NASA、宇宙食の歴史がわかる写真 & Wikipedia


  

関連記事






exclusive60g.png

2013'01'31(Thu)18:40 [ Outer Space ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは~

宇宙食進化しましたよね。
今はとりあげられたラーメンなども食べられ、
芸能人が開発などしたりして。

食べることが楽しみの一つですから、
大事な進化ですね。、
2013/02/02 08:33  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

そうですね、宇宙だと食べることが最大の楽しみかもですね。

レトルトやフリーズドライの食品は、現在の僕たちの生活にも
溶け込んでいるので、味はなかなか良さそうですよね。

写真で見る限りでは量が少なそうなので、たくさん食べる人には
ちょっと物足りないかもしれないですね。
2013/02/02 08:51  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/860-f866137b
trackback