見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
サハラ砂漠のサンライズ
明け方、まだ陽が昇る前に僕たちはテントの外へ出た。まだ外は薄暗かった。

Morocco20813-1.jpg
キャンプ入り口で座り込むラクダたち。地面には彼らの印である糞が無数に散らばっている。

ひんやりとした冷たい砂の感触を足の裏に感じながら、キャンプ入り口へと向かった。キャンプの外でラクダたちが、僕たちが来るのをおとなしく座って待っていた。

Morocco20813-2.jpg
僕たちが宿泊したキャンプ。簡易ではあるが、設備はしっかりとしていた。

昨晩は銀河のような星空に夢中になっていたせいか、睡眠不足で頭がぼんやりしていた。出発しようと僕たちはラクダの背に跨がったが、どうもメンバーが1人足りないようだ。

Morocco20813-3.jpg Morocco20813-4.jpg
明け方の薄暗い中を、ラクダのキャラバンが出発する。

しばらくするとオーストラリア人の女の子が眠そうにやってきた。そう言えば昨晩見かけなかったが、彼女も夜中に砂山に登って星空を眺めたのだろうか。きっとそうだろう。

Morocco20813-5.jpg
遠くに見える僕たちのキャンプ。こうして見ると、砂山がいかに巨大かよく分かる。

メンバーが揃い、僕たちのラクダのキャラバンは出発した。今日はキャンプを出て、再びサハラの入り口へと戻る日だ。僕たちが過ごしたキャンプがみるみる遠ざかっていく。

Morocco20813-7.jpg
早朝のサハラ砂漠には雲が出ていた。東の空が紅く染まっていた。

いつのまにか空に蒼味が増し、明るくなっていた。まだ太陽は昇っていないが、遠くの空が紅く染まりはじめていた。うっすらと漂う雲が、空により味わい深い表情を与えていた。

Morocco20813-8.jpg
見晴らしのいい小高い丘から、サハラ砂漠を見渡す。

砂漠に、ザクッザクッと一定のリズムで足を踏み出すラクダたちの足音だけが響いた。僕は夢中でカメラのシャッターを切った。どうもラクダに乗るのに少し慣れたようだ。

Morocco20813-9.jpg
鮮やかなブルーのベルベル装束に身を包んだ「砂漠の民」。

どの位移動しただろうか。僕たちのキャラバンは、見晴らしのいい小高い砂丘の上にいた。ベルベル人ガイドが休憩しようと言うので、僕たちはラクダから降りた。

Morocco20813-10.jpg
サハラの日の出。太陽が昇った瞬間、ありとあらゆるものが変化した。

砂丘の上から見渡すと、はるか遠くの地平線の果てまで延々と砂の山が連なっていた。その砂山の1つ1つが、きっと登るのさえ容易ではないほどの大きさなのだ。

Morocco20813-12.jpg
急激に大気が暖まり、ラクダたちも気持ちよさそうだ。

あまりの絶景に言葉を失って見つめていると、突然はるか遠くの地平線からギラギラと金色に輝くものが姿を現した。太陽は姿を現すや否や、強烈な輝きを放ちはじめた。

Morocco20813-13.jpg Morocco20813-14.jpg
モロッコ、メルズーガの砂丘入り口に戻って来た。遠くにホテルのような大型の建造物が見える。

砂漠が太陽に照らされると、まるで砂たちが息を吹き返したかのように鮮やかな褐色に染まり、砂にはっきりとした陰影が付いた。同時に大気が急激に暖まっていくのを感じた。

Morocco20813-15.jpg
先ほどに比べ、太陽が随分上に昇った。それにしても太陽がデカい。

今まで、旅先で数え切れないほどの日の出を見てきたが、かつてこれほどまでに太陽にパワーを感じたことがあっただろうか。それくらい、砂漠に存在するあらゆるものがガラリと変化したのだ。おそらく日中になると、この太陽がジリジリと旅人の体力を奪う凶悪な存在へと変貌を遂げるに違いなかったが、朝の太陽が照らす砂漠の神秘的な姿に、深い感動を覚えた。




  
関連記事









exclusive60g.png

2013'02'08(Fri)19:55 [ サハラ砂漠 ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは~

砂漠、いい色出ていますね~

自分も少しだけ砂漠に触れましたが、
写真を撮る環境にはなかったので、
羨ましいです。

いつかチャレンジしたいです。
2013/02/10 07:49  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

flowerhさんも砂漠を訪れたことがあるんですね!

僕も一眼レフを持ってくればよかったな〜と後悔しました。
そのくらい、素晴らしい世界観でした。

次は絶対一眼レフとしっかりした三脚を持って行きます!
2013/02/10 19:20  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/864-d83ae412
trackback