見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
10≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293011/ ≫12
国によって異なる世界のバレンタインデーの祝い方
Valentine21313-8.jpg
国によって異なるバレンタインデーの祝い方を紹介。

明日、2月14日はバレンタインデー。日本では、女性が男性にチョコレートを贈る日として定着していますが、バレンタインデーの祝い方は国によって本当に様々なんです。今回は世界の7つの国のユニークなバレンタインデーの伝統を紹介します。ちなみに日本では、戦後まもなく流通業界や製菓業界によって販売促進のためにバレンタインデーの普及が試みられましたがなななか定着せず、実際に日本独自のスタイルとして社会に定着したのは1970年代後半なのだそう。そういう意味では、日本でバレンタインデーが定着したのはつい最近の出来事のようです。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Valentine21313-1.jpg
【スロベニア】農作業を再開する日

スロベニア共和国にとってバレンタインデーは、バレンタインが春を運んでくる聖なる日で、農作物や花々が成長を始める日だといわれている。またこの日は、ブドウ園や田園での作業を開始する最初の日とみなされる。この国の言い伝えによると2月14日に聖・バレンタインが、自然界が目覚め始めるための "鍵" を運んできて、すべての植物達の根を開放するという。また、田園の鳥達の求愛活動が熱心に行なわれる日でもある。この国で愛を讃える祝日は、実際には3月12日の聖グレゴリーの日だそうだ。

Valentine21313-2.jpg
【日本】女性から男性にチョコレートを贈る日

日本では2月14日は女性が男性にチョコレートを贈る習慣がある。贈るチョコレートの種類は普段の付き合いに大きく左右されるという。「義理チョコ」は上司や同僚、男友達に渡される。一方で「本命チョコ」はボーイフレンドや恋人、夫に渡すものだ。こちらのチョコレートは女性達がハンドメイドで用意したり、一流店の高級チョコレートだったりと、非常にスペシャルだ。また、バレンタインデーにそのプレゼントを受け取った男性は、その1ヶ月後、3月14日のホワイトデーには最低でもその2倍から3倍のプレゼントを返すことが期待される。

Valentine21313-3.jpg
【イギリス・ウエールズ地方】スプーンを贈りあう聖ドウィンウェンデー

イギリスのウエールズ地方ではバレンタインデーの代わりに、ドウィンウェンデーが、毎年1月25日に行なわれる。それはウェールズの聖人ドウィンウェンを記念するもので、彼女の悲劇的なラブストーリーに感動したウェールズの人々が、愛する人にカードや贈り物を交換することからはじまり、のちにスプーンを贈りあう儀式へと変化していった。聖ドウィンウェンの日は、愛のスプーンを贈りあう風習がある。そのウェールズのラブ・スプーンの起源は17世紀と古く、ある若い男が一つの木材から何本ものスプーンを彫り出し、ロマンチックなシンボルとしてドアのノブ飾りにした。これに目を留めた女性にそのスプーンを贈ったというのがきっかけだという。

Valentine21313-4.jpg
【イギリス】奇妙な迷信

イギリスではかつて、女性たちの間で、バレンタインデー前日に、ゆで卵の黄身をくり抜いた部分に塩を入れて食べ、枕の四隅に、ローリエの葉を1枚ずつピンで留めて寝ると、将来の夫が夢に現れるという都市伝説が存在したそうだ。また、気になる恋人の名前をいくつか書いた紙を粘土でできたボールの中に入れ、水の中に落とし、先に浮いてきた紙に書かれている名前の男性が将来の夫である、という占いもあった。その言い伝えは徐々にすたれていき、現在これを行っている女性はほんの一握りだ。

Valentine21313-5.jpg
【韓国】独り身の人々が喪に服す日

韓国のバレンタインデーは、日本によく似ていて、2月14日に女性が男性にチョコレートを贈る。そして3月14日のホワイトデーに男性達がチョコレート以外のお菓子を女性達に贈る。ここまでは日本とほぼ一緒なのだが、その続きがある。4月14日はブラックデーと呼ばれ、バレンタインデーでもホワイトデーでも何も贈られることがなかった人同士が黒い服を着て中華レストランへ行き、黒い麺(チャジャンミョン)を食べ、自分たちのシングルライフを嘆きあう。

Valentine21313-6.jpg
【フィンランド】愛の代わりに友情を祝う

フィンランドのバレンタインデーは現地語で "Ystavanpaiva" と表記され、「フレンズ・デー」という意味がある。バレンタインデーが全面的に 「恋愛の日」となっている他の国々とは異なり、フィンランドでは、親しい友人同志でカードや贈り物を渡し合う日でもある。とはいえこの日は婚約や結婚する際にも人気があるそうだ。

Valentine21313-7.jpg
【中国】良縁祈願に縁結びの神を参拝する

中国のバレンタインデーは、2000年以上前に始まったロマンチックなラブストーリーがもとになっている。この日、恋人たちは縁結びの神が祀られている廟を訪れ、恋愛成就や結婚、幸福などを願う。またシングルの人々もそこを訪れ、良縁に恵まれるよう願う。その日の夜、未婚の女性は織女星に祈りを捧げる。またこの日は若い女性達が瓜を切る風習もあるようだ。


なんか日本のホワイトデーで書かれている3倍返しという習慣がちょっとおかしいんだが・・・そんなのあったっけどんどん新しいルールが追加されていく〜!?


参考記事: 国によってこんなに違う!世界のバレンタインデー7つの国のユニークな伝統 & 7 Unique Valentine's Day Traditions


  

関連記事






exclusive60g.png

2013'02'13(Wed)20:03 [ World 'Unique' News ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/866-f2971044
trackback