見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11
モロッコ、フェズの王宮と旧市街
大きな石造りの門(ジェバラ門)をくぐると、緑の生い茂るのどかな風景から、人々が行き交う雑多なスークへと雰囲気がガラリと変わった。モロッコ、“フェズ”(Fez)の旧市街だ。

Fez40213-2.jpg
門をくぐると雰囲気がガラリと変わる。ここから旧市街になる。

とは言ってもここはまだ旧市街の入り口。奥へと進めばより活気のあるスークがあるはずだ。僕たちはまず広大な旧市街の西側を大きく占有している王宮(Dar el Makhzen)を目指した。

Fez40213-1.jpg
王宮へつながるフランセ通りは優雅さが漂っている。奥に見えるのが王宮だ。

王宮と旧市街を結ぶ大通り “フランセ通り” は、商店の類もなく人通りはまばらだ。それでいて道幅は広く、道の両脇にはたくさんの緑が植えられているので、どことなく優雅な雰囲気だ。

Fez40213-3.jpg
王宮手前の広場。旧市街の入り口であり、起点となる場所だ。

王宮はかつての王たちの居城であり、何世紀にもわたり増改築が施された。現在はモロッコ国王がフェズ滞在のときに使われるのだそう。王宮手前にはだだっ広い広場がある。

Fez40213-4.jpg
スークの中へと入る前に、休憩することにした。先はまだ長い。

残念ながら王宮に入る事はできない。僕たちは再び旧市街に向かって歩いた。いつのまにかすっかり夕方になっていた。僕たちは広大なスークに入る前に休憩をとることにした。

Fez40213-6.jpg
大振りのグラスに、ミントの葉がいっぱい詰まったミントティー。

一度雑多なスークに足を踏み入れると、休憩できる場所を見つけるのは一苦労だ。スーク手前のカフェでミントティーを頼んだら、立派なグラスにミントの葉がどっさり入っていた。

Fez40213-7.jpg
マラケシュのスークとは明らかに雰囲気が違う。

体力を回復したらスークを奥へと進んでいく。フェズの旧市街は、マラケシュのフナ広場(ジャマ・エル・フナ)のようなものはないが、スークの活気はフェズの方があるような気がした。

Fez40213-8.jpg
細道に、露店が所狭しと連なっている。

マラケシュのスークは広範囲に広がっていて、純粋に規模だけ見ればフェズよりも大きいが、少しエリアを外れると閑散としているので、フェズのほうがマーケットが凝縮している印象だ。

Fez40213-9.jpg
革製品のスーク。見はじめたらキリがないほどのバリエーション。

初日なので、商品を横目に歩けるだけ歩くことにしたのだが、パッと商品を見る限り、マラケシュのものよりクオリティが高そうだった。さすが職人の街というところだろうか。

迷路のように広がるスークを、思うままに奥へ奥へと進んでいく。革製品のスークを歩く頃には、日が暮れて夜になっていた。通りを照らす裸電球が辺りを黄色に染めていた。




  
関連記事









exclusive60g.png

2013'04'02(Tue)19:20 [ フェズ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/887-e00c9397
trackback