見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
フェズ、生鮮食品のスーク
まるで迷路のような、モロッコ・フェズの “メディナ”(旧市街)を歩く。いつのまにか夜になり、裸電球に照らされ黄色く染まった石造りの細路地を、奥へと進んだ。

Fez41413-10.jpg
モロッコで、必ずと言っていいほど付け合わせで出てくるオリーブ。

僕と先生は、生鮮食品のスークに足を踏み入れていた。地元の人たちのスーパーマーケットのような市場で、夜にも関わらず活気があった。市場にはモロッコの食材が揃っていた。

Fez41413-1.jpg
こちらもオリーブの店。定番のブラックとグリーン以外にも、いろいろ種類があるようだ。

モロッコの食生活を知るには、生鮮食品のスーク(厳密には生鮮食品に関わらず、乾物など様々な食材を取り扱っている)を歩くのが一番。様々な食材を扱う店を見て歩いた。

Fez41413-2.jpg Fez41413-16.jpg
ミントなどのハーブ(左)や豆などを扱う店(右)も。

モロッコの人たちが毎日頻繁に飲むのがミントティー。ミントティーを頼むと、グラスの中にミントの葉がたっぷり入っている。また、豆類もクスクスなどの煮込み料理には重要な食材だ。

Fez41413-3.jpg
観光客にも人気がある、ドライフルーツなどを売る店。

こちらはドライフルーツなどの乾物の店。売り場が商品で埋もれてしまうほど積み上げるのがモロッコ流。量り売りで驚くほど安く、種類も豊富なので、旅行者にもオススメ。

Fez41413-5.jpg
肉を売る店。生肉が剥き出しで店頭に並んでいる。

煮込み料理がメインのモロッコでは、最重要な食材とも言える肉。生肉を外気に晒して売るのは日本とは異なる。一見不衛生に見えるが、タジンやクスクスに入っている肉は実にうまい。

Fez41413-6.jpg Fez41413-7.jpg
スークの様子。(左)野菜を売る店。(右)

もちろん野菜を扱う店も軒を連ねている。スーク内には、同じような品揃えの店が固まってたくさんあるが、きっとそれぞれの店の特徴みたいなものがあるのだろう。

Fez41413-11.jpg
こちらの肉屋ではソーセージを扱っている。

肉屋は店頭で生肉が剥き出しになって置かれているので、結構生々しい。店の前に生きた鶏などが入った籠が置かれているところもあり、なんだかかわいそうなんである。

Fez41413-12.jpg
生きた鶏が入った籠が積まれている。外に出ている鶏もいて、なぜか逃げない。

人が肉を食べる以上、その動物はどこかの段階で殺されているわけで、当たり前のことなんだけど、店先に生きた動物や、生首がぶら下がっているとショックを受けてしまうのだ。

Fez41413-13.jpg
肉を狙うネコ!いや、眺めているだけなのかも・・・しれない。

ふと足元を見ると、1匹のネコが。こちらの視線には気付かずに、じーーーっと頭上の肉を見入っている。店主の隙を突いて肉をジャンピングキャッチするのだろうか。

Fez41413-14.jpg
「なんだよう」「おれも腹減った」なんて会話をしているのだろうか。

すると、どこからかもう1匹が。目の前に鳥の生肉が置かれているんだから、そりゃたまらないだろう。これは想像だけど、きっと店主が時々あげているんじゃないかな。

Fez41413-15.jpg
穴がポコポコ空いた、“バガリール” というモロッコ風パンケーキ。

モロッコ風パンケーキの店。ホテルの朝食ビュッフェなどで出てくるので、モロッコに滞在すると食べる機会はあるかもしれない。バターやハチミツを付けて食べる。

Fez41413-18.jpg
フルーツを売る店。こちらも旅行者が利用しやすい店。

店によって多少品揃えは違うけど、バナナ、りんご、 オレンジ、グレープフルーツなど、馴染みのあるフルーツが並んでいた。旅先でフルーツを売る店を見つけると安心します。

Fez41413-17.jpg
1日の締めくくりはクスクスで。なんとも贅沢なひととき。

とまぁそんなわけで、なんとかスークから生還して夕食のクスクスを食べながら、スークで見た食材のことを考えるのだった。付け合わせのオリーブに、ニンジン、瓜、ヒヨコ豆、レーズン、チキンやビーフなどの肉類・・・どれもスークで売られていた物ばかりですね!




  
関連記事









exclusive60g.png

2013'04'14(Sun)18:27 [ フェズ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/891-0a70e838
trackback