見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
08≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293009/ ≫10
GWに鎌倉をハイキング
Kamakura50913-1.jpg
北鎌倉駅のホーム。電車を降りた段階でこの状態・・・初っぱなから挫けそうだ。

GWのまっただ中、僕と先生は鎌倉ハイキングを決行したのだった。鎌倉の街は、海を除いた三方を山に囲まれていて、周辺には様々なハイキングコースがあるのだけど、その中でも “天園ハイキングコース” は、最高峰の大平山を中心とする定番のハイキングコースなんです。しかし、さすがはGW。混雑は当然鎌倉にも及んでいるのでした・・・。北鎌倉のホームに降りると、既に初詣のような状態。序盤から挫けそうになりながらも、半ば強引に突入してきました。


続きはこちらから
  ↓↓↓




Kamakura50913-2.jpg
さすがはGW。普段は人の少ない道を、ぞろぞろと列になって歩く人々。

北鎌倉の駅を出て歩きはじめた僕たちだったが、ご覧の通り延々と道の先の方まで混み合っていた。初詣さながらに、ぞろぞろと人の列に合わせて歩いて行く。天園ハイキングコースは様々な入り口(スタート地点)があるが、僕たちは “建長寺” を選んだ。

Kamakura50913-3.jpg
木々の合間から見える、建長寺の山門。

建長寺まで行けば、人混みも少しは解消するかもしれない、そんな期待を持ちながら一路建長寺へ。建長寺でもやっぱり混んでいたが、先ほどの行列に比べれば少しは幾分マシかな。

Kamakura50913-4.jpg Kamakura50913-5.jpg
建長寺の境内(左)と、境内に立てられた天園ハイキングコースの標識。(右)

建長寺の敷地内に入り少し境内を歩いてみたが、今回の目的はあくまでハイキング。境内にある天園ハイキングコースの標識を頼りに、最初のポイントである “半僧坊” を目指す。

Kamakura50913-6.jpg
道中に見つけた紅葉。見て下さい、この色彩!

ここからは山道になっていくのだが、5月だというのに、紅く染まった紅葉の葉が太陽の光が透過し、すごく鮮やかだった。しばし見とれながらも、道なりに歩いて行く。

Kamakura50913-7.jpg
竹林もいい感じ。カメラを持っていると、ついつい撮影してしまう。

今度は竹林。道脇の植物に目を奪われ、ややローペースながらも歩く。人は先ほどの建長寺に比べ少なくはなったけど、それでも普段のこの道ではありえないほど人が多かった。

Kamakura50913-8.jpg
頂上の半僧坊まで、延々と続く階段。これがなかなかしんどい。

少し歩くと急な勾配の階段になります。ここからは結構しんどくなります。この階段を頂上まで上り切ると、建長寺の最奥にあたる半僧坊があるんです。

Kamakura50913-9.jpg
階段途中の木々が、絶妙な新緑で素晴らしかった。

僕たちと同じように半僧坊を目指して階段を上る人たちも多く、挨拶を交わしながらひたすら上を目指します。この日は天気が最高で、空は雲ひとつ無いほどの晴天でした。

Kamakura50913-10.jpg
十数体の天狗像は一種異様な雰囲気を醸している。

階段を頂上付近まで上ると、見えてきました僧天坊。大小十数体の天狗の像が建ち並んでいます。天狗たちは建長寺の鎮守で、さまざまなご利益があるのだそう。

Kamakura50913-11.jpg
天狗像のアップ。像によってポーズや持っているものが異なる。

一番カッコイイ天狗像をパチリ。威風堂々とした姿が迫力あります。天狗像はそれぞれ剣を持っていたり、巻物を持っていたり、錫杖を持っていたりと、それぞれ違うんです。

Kamakura50913-12.jpg
最初の休憩ポイント。ここから本格的なハイキングコースに。

階段を上りきると建物が建っていて、ここがまだ建長寺の敷地内であることが分かります。高台からの絶景を楽しみながら、少し休憩することに。休憩・・・とは言っても結局その辺をあちこち歩いてしまうんですけどね。さて、天園ハイキングコースはここからが本番です。ここ半僧坊から本格的に山道を歩くことになります。そしてそれは次回に続くのでした!




  

関連記事






exclusive60g.png

2013'05'09(Thu)22:39 [ Daily Life ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/899-7944d64c
trackback