見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
06≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303107/ ≫08
エリア別、海外旅行トラブルの傾向
trouble51513-3.jpg
旅行客で賑わう、夜のワイキキビーチ。(Shed Expedition)

トリップアドバイザー” が、“ジェイアイ傷害火災保険株式会社” が公開したデータを元にインフォグラフィックスにまとめた、海外旅行先でのトラブルの傾向を紹介。データによると、1000人に36人(3.6%)の海外旅行者が、旅先で何かしらのトラブルに巻き込まれていることになるんです。「治療・救援費用」「携行品損害」「旅行事故緊急費用」「賠償責任」「旅行変更費用」の5つにカテゴライズし、各地域別に集計したもの。最も多いのは「治療・救援費用」なのですが、旅先によって遭遇するトラブルの傾向は随分違うようです。


続きはこちらから
  ↓↓↓




trouble51513-1.jpg

最も多いのが「治療・救援費用」で48.2%。次に多いのが「携行品損害」で38.9%、「旅行事故緊急費用」が13.8%、「賠償責任」が1.5%、「旅行変更費用」が0.6%と続きます。データを見ると、やはり海外旅行先での病気や携行品の盗難・破損が多いということになります。

trouble51513-2*

続いてエリア別のトラブル傾向。ヨーロッパは「携行品損害」が最も多く45.4%、アフリカも45.9%と非常に高い割合を占めています。一方、アジアは「治療・救援費用」が72.3%とダントツに多く、オセアニア66.5%、北米53.3%も高い割合を占めています。中南米とグアム・サイパンでは、他のエリアでは低かった「旅行事故緊急費用」が、それぞれ26.4%(中南米)、25%(グアム・サイパン)と、やや高めの割合になっています。上記のことから、エリア別の大きなトラブルの傾向として、ヨーロッパとアフリカでは携行品の盗難・破損の割合が高く、アジア・オセアニアでは病気になることが多いということになります。

楽しい海外旅行ですが、一度トラブルに見舞われると、全く旅行を楽しめなかった、なんてことにもなりかねないので、訪れる地域によって対策を万全にしておくといいかもしれません。




  

関連記事






exclusive60g.png

2013'05'15(Wed)19:42 [ World 'Unique' News ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/901-11475cdc
trackback