見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
ジブラルタルを目指して、フェズからタンジェへ
早朝のモロッコ、フェズの鉄道駅。僕と先生はここで別れ、それぞれの旅路を進む。僕はジブラルタルを渡りスペインへ。先生はモロッコ、カサブランカへと向かうのだった。

Morocco53013-1.jpg
明け方のフェズ駅。ここからは別行動だ。

まだ太陽の昇らない薄暗い中、駅のカフェで最後の晩餐ならぬ別れのエスプレッソを飲んだ。ウインドウの中にあったおいしそうなチョコレートケーキを付けて。

Morocco53013-2.jpg
フェズ駅構内にあるカフェのエスプレッソとチョコレートケーキで、朝の時間を過ごした。

フェズ駅の中にはキオスクのような売店もあって、プリングルスやフリスクのような欧米系のお菓子も売っている。次はいつ食事にありつけるか分からない。僕は長旅に備え、ミネラルウォーターと、昼食用にパニーニのサンドイッチ、プリングルスなどを買い込んだ。

Morocco53013-3.jpg
ホームに人は少ない。早朝に鉄道を利用する人はそう多くないようだ。

そうこうしているうちに、僕が乗る鉄道がホームにやって来た。「また会おうね」「道中気をつけて」僕は先生と別れの挨拶を交わし、鉄道の車両に乗り込んだ。

Morocco53013-4.jpg
車窓越しの日の出。1人で見る日の出は感慨深いものがあった。

ほどなく鉄道は走りはじめた。窓の外に、ようやく昇りはじめたオレンジ色の太陽が輝いていた。1人で座席に座っていると、ここからは1人旅なんだなと改めて実感するのだった。

Morocco53013-5.jpg Morocco53013-6.jpg
アフリカ大陸の北端、地中海側に近づくにつれ、緑の多い風景へと変化していく。

鉄道は指定席だったが、朝早いせいか僕の周りの座席はまだ空いていた。1人になった寂しさはあったが、気楽な鉄道旅だ。目指すはアフリカ大陸北端の街 “タンジェ”(Tanger)だ。

Morocco53013-7.jpg
ホームと線路の段差がほとんどない、素朴な田舎駅。

途中、乗り換えのため、小さな田舎の駅に駐まった。立て札には “Mechraa Bel Ksiri” 駅と書かれている。ホームで乗り換えの鉄道がやって来るのを待っていると、30代くらいの欧米人カップルが声をかけてきた。男性は白人で女性は黒人という、ちょっと珍しい組み合わせだった。

Morocco53013-8.jpg Morocco53013-9.jpg
昼食のサンドイッチをかじる。(左)海が見えてきた。こちらは大西洋側だ。(右)

やあ、君はどこから?僕たちはアメリカから」「僕は日本からだよ。よろしく」軽く挨拶を交わし、しばらく雑談をしていたが、やがてホームに鉄道がやって来ると、別れの挨拶をしてそれぞれの車両へと乗り込んだ。今度は先ほどとは違い、座席はほとんど埋まっていた。

Morocco53013-10.jpg
蒼い空の下、遠方に突如現れた白い街、タンジェ。

対面の座席には、立派な髭を蓄えた年配の白人男性と、その妻らしき女性が座っている。僕は昼食用に買っておいたパニーニのサンドイッチをかじった。そして、ミネラルウォーターのペットボトルにヴァームウォーターの粉末を入れたのだった。これがまずかった。

Morocco53013-11.jpg
白い建物がせり上がり密集した街の景観は、実にドラマチックだ。

彼らの目には、見慣れない白い粉末を入れる不審な東洋人のように映ったようだ。対面に座っている男性が、疑惑の目で問いかけてきた。「どこから来たのか」「どんな仕事をしているのか」「その粉は何なのか」彼の意図を咄嗟に悟って、きちんと順を追って説明した。「日本人です。洋服のデザイナーをしています。この粉は心配しないで。スポーツドリンクなんです。ドラッグじゃないですよ!」それを聞いて安心したのか、彼の顔が笑顔になった。話を聞いていると、中国人がドラッグの密輸入をしていて、彼も取り締まる仕事をしているのだとか。

それからはずっと和やかに会話をして過ごした。正直ずっとしゃべり続けていたので少し疲れたけど、気が付くと目的地タンジェの街が遠方に見えてきた。エキゾチックな白い建物が山のようにせり上がり、これまでのモロッコの街とは随分違った開放的な雰囲気だった。サハラ砂漠に続く、この旅のもうひとつの見せ場 “ジブラルタル”(Gibraltar)はすぐそこに迫っていた。




  
関連記事









exclusive60g.png

2013'05'31(Fri)19:16 [ フェズ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/906-62b36ad1
trackback