見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
朝のセビーリャを散策
スペイン、アンダルシアの州都 “セビーリャ”(Sevilla)に到着した翌朝。ホテルの外に出ると、爽快な青空が広がっていた。モロッコにも負けないほどの澄みきった蒼い空だ。

Sevilla80913-1.jpg
スペイン、アンダルシア地方特有の、温暖な気候と澄みきった蒼い空。

まずはこの街を隅々まで歩いてみることにした。「新しい街に着いたら、まずは歩く」これが僕の旅のスタイルだ。最初に 街を隅々まで歩くことで、街の地理を理解できるからだ。もっとも歩くことが出来るサイズの街に限るが、よほどでなければまずは歩くことにしている。地図上で見る限り、セビーリャの有効的な街の範囲は徒歩で十分歩いて回れそうだ。

Sevilla80913-2.jpg
セビーリャが運営する市営のレンタサイクル。エコで先進的なシステムだ。

ヌエバ広場には、市営の無人レンタルサイクルが設置されていた。治安の良いセビーリャだからこその洗練されたシステムで、自転車を利用すれば街の広範囲をカバーできるだろう。僕が宿泊している “Hotel San Francisco”(ホテル・サンフランシスコ)は、街の中心部の北側、市庁舎裏の路地に位置している。まずはそこから “ヌエバ広場”(Pl. Nueva)に出た。

Sevilla80913-3.jpg Sevilla80913-4.jpg
シエルベス通りにもたくさんお店がある。(左)老舗カフェ、コンフィテリア・ラ・カンパーナ。(右)

そこから “シエルベス通り”(Calle Sierpes)を北に突っ切り、マクドナルドや “コンフィテリア・ラ・カンパーナ”(Confiteria La Campana)のある広場に出た。コンフィテリア・ラ・カンパーナは老舗のカフェで、まだ朝早いのに、パンや洋菓子を求める客で賑わっていた。

Sevilla80913-5.jpg
メインストリートのコンスティトゥシオン通り。街の中心部には路面電車が通っている。

今度は南に向かい、街の中心部へ。寄り道をしながら中心部の目抜き通り “コンスティトゥシオン通り”(Av. de la Constitución)を南に下りた。中心部だけで言えば、セビーリャの街のサイズは小さい。メインストリートには路面電車が通っているが、徒歩で十分歩けるほどの短い距離なので、必要性を感じなかった。だが、中心部には車が走らないので、街が静かだ。

Sevilla80913-6.jpg
おなじみスターバックスコーヒー。スペインのスタバは利用価値が高いように思う。

まだ朝早かったので、開いてる店はあまりなかった。通り沿いの “スターバックス” で朝食を食べることにした。スタバはスペインの旅の間、よく利用した。フリーWi-Fiがあるのと、サンドイッチやスイーツのクオリティが高く、朝や休憩などでちょっと立ち寄るには便利だ。

Sevilla80913-7.jpg
街の随所に公園や広場があって、居心地が良い。

朝食後、少し距離があるが、今度は街の北西にあるショッピングモール “プラザ・デ・アルマス・ショッピングセンター”(Centro Comercial Plaza de Armas)を目指すことにした。

Sevilla80913-8.jpg
路地裏を歩きながら、建築物にも興味を持って歩いてみた。

大通りから一歩入った路地裏を歩くと、また違った世界が広がっている。建築物に統制があって、集合住宅も多い。イエローやブルーに塗られた建物の色彩が南スペインらしい。

Sevilla80913-9.jpg Sevilla80913-10.jpg
プラザ・デ・アルマス・ショッピングセンターとその周辺。大きな広場になっていて、開けた雰囲気だ。

ようやくプラザ・デ・アルマス・ショッピングセンターに到着。今回は街を歩くことが目的なのでスルー。しばらくショッピングモールの外観や周辺を見て移動することにした。次は橋を渡って “グアダルキビル川”(Río Guadalquivir)の対岸に渡ってみることにした。

Sevilla80913-11.jpg
橋を渡ると郊外の雰囲気満点。大きな幹線道路が延びている。

プラザ・デ・アルマス・ショッピングセンターの近くの橋を渡ると、雰囲気がガラリと変わり、大きな幹線道路が延びていた。「郊外」といった趣で、ここからは徒歩だと厳しいなという感覚。そこで、先には進まずにグアダルキビル川に沿って南に下りてみることにした。

Sevilla80913-12.jpg
グアダルキビル川に沿うように道があり、散策するにはうってつけだ。

グアダルキビル川は、セビーリャを縦断するように南北に流れる大きな川で、「」というより「」と表現する方が近いかもしれない。途中、桟橋で釣りをする人たちを見かけた。

Sevilla80913-13.jpg
イサベル2世橋の袂。グアダルキビル川には一定距離に橋が架かっている。

しばらく歩くと、“イサベル2世橋”(Puente de Isabel II)の袂に来た。橋の下から眺めると、装飾の美しい、ダイナミックな橋だ。一体どのくらい歩いただろうか、いつのまにか昼になっていた。それにしてもなんという爽快な青空だろうか。季節は既に11月だというのに、ポカポカと暖かく、それでいて暑くも寒くもない。不思議な陽気の中で、僕は散策を続けた。




  
関連記事









exclusive60g.png

2013'08'09(Fri)17:50 [ セビーリャ ] CM4. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは~

空、いい色していますね(^^)

南スペインも過ごしよさそうな街ですね。

いつか、行ってみたいですね。
2013/08/10 11:10  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

セビーリャのあるアンダルシア地方は一年中気候が温暖で、
11月に訪れたのにTシャツ1枚で過ごせるほどの陽気でした。

治安も抜群にいいので、安心して滞在できます。
ぜひ、機会があれば訪れてみて下さい。
2013/08/10 17:34  | URL | Garyo #- [edit]


Sevillaって治安がいいんですね。治安がよろしくないスペインにあってはポイントが高いです!

Sevillaの人は早口だという話を聞いたことがありますが、いかがでしたか。私はスペイン語がほとんどわからないので関係ないんですけどね(笑)。
2013/08/13 11:35  | URL | どこでもテレビ #jkuJ8ypo [edit]


どこでもテレビさん、こんにちは!

僕はバックパッカー旅行が多く、途上国や新興国を訪れることが多いので、
スペインの治安はとても良好に感じました。

スペインの都市でも治安の善し悪しがあって、特にセビーリャは日本以上に治安が
良いように思います。

逆にバルセロナは旅行者を狙ったスリや窃盗関係の犯罪が多発しているので、
ちょっと治安が悪いですが、それでも本当の意味での危険さは少ないと思います。

僕もスペイン語が話せないので、挨拶の延長線止まりですが、特別に早口だった
印象はなかったですね〜。
2013/08/13 18:46  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/930-8c808167
trackback