見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
07≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303108/ ≫09
富士山、3年以内に大噴火か
MtFuji81213-3.jpg
約300年前、1707年に起きた宝永大噴火のイメージ。

今年6月に世界文化遺産に登録されたばかりの富士山ですが、このところ、度々富士山の異変が報道されています。3合目付近の林道が約300メートルに渡り陥没したり、河口湖では湖水が著しく減少するなど、普通ではない現象が増えているため、周辺住民は富士山噴火の兆候ではないかと不安の声が高まっています。一方、気象庁では、こうした異変と富士山噴火の兆候の関連性はないという見解を示しています。果たして富士山の異変は噴火の兆候なのでしょうか。富士山の噴火に関する1つの見解が示されているWIREDの記事を紹介。記事によると、ここ数年(早ければ3年)以内に富士山が噴火する可能性があり、もし噴火すれば、今から約300年前の1707年に発生した最後の噴火、“宝永大噴火” の時より大きな圧力が加わり、大規模な噴火となるというのです。これは周辺住民はもちろん、首都圏に住む多くの人にとっても深刻な問題です。


続きはこちらから
  ↓↓↓




以下、8月8日のWIREDより抜粋。

2011年に起きた地震の影響によって、富士山のマグマ溜りにかかった圧力は、1707年に起こった現時点で最後の噴火(宝永大噴火)時より高かったことがわかり、近く再び噴火するのではないかと懸念されている。

MtFuji81213-1.jpg
富士山噴火による、降灰の堆積する範囲

日本の防災科学技術研究所(NIED)が行った研究によると、富士山のマグマ溜りに加わった圧力は1.6メガパスカルに達したという。過去にはその1/16の力、0.1メガパスカルで火山が噴火した例もある。NIEDで火山研究を担当する藤田英輔主任研究員は、これは「小さくない数字」だと述べている。ただしNIEDは、圧力はあくまで噴火を引き起こす要因のひとつにすぎないとも述べている。とはいえ、1707年の宝永大噴火も、その少し前に起こった大地震によって、マグマ溜りにかかる圧力が高まったことが引き金となった。(宝永大噴火の49日前に、推定マグニチュード8.6~8.7の宝永地震が起きていたほか、宝永地震の翌朝にも富士宮を震源とするマグニチュード7の地震が起きている)以前にも、00年から01年にかけて富士山直下で一連の低周波地震が観測され、噴火が近いとの予測が広まったことがある。そしてその後、11年3月11日の東北地方太平洋沖地震と、その4日後に起きたマグニチュード6.4の静岡県東部地震によって、再び富士山の噴火が懸念されている。(静岡県東部地震の震源は、富士山のマグマ溜りのすぐ上、山頂の南4kmの深さ約15km。富士宮市では震度6強を記録した)

MtFuji81213-2.jpg
図解「富士山の歴史」

12年5月には、琉球大学の木村政昭名誉教授が、いくつかの要因により、3年以内に大噴火が起こる可能性があると警告を発した。教授はそれらの要因として、クレーターから蒸気とガスが噴出していること、付近で「水噴火」(異常な地下水の湧水)が発生していること、河口湖の湖底から天然ガスが噴出していることを挙げている。さらに、木村名誉教授をこの発表に踏みきらせた予兆として、富士山直下に全長34kmにわたる断層が見つかったことがある。この断層に大きな動き(大地震)があれば、山の斜面が完全崩壊するおそれがある。また、噴火が起こった場合もおそらく斜面は崩壊して、大規模な泥流と地滑りが発生するだろうと専門家らは述べている。(富士山は約2900年前にも、大規模な山体崩壊が起きている)日本政府による04年の報告では、1回の噴火で生じる被害額は約2兆5,000億円にのぼると推定されている。(WIRED)


日本政府が2004年に作成した “日本政府による、富士山噴火に対する報告(2004年)” を見ると、かなり前から政府も富士山噴火に対する防災意識を持っているようです。富士山噴火による、広域での風評被害を避けるため、なかなか表立って明言できない裏事情があるようにも感じられます。もし本当に3年以内に噴火するのだとしたら、心の準備ができていないなぁ・・・。


参考: 日本政府による、富士山噴火に対する報告(2004年)


  

関連記事






exclusive60g.png

2013'08'13(Tue)10:47 [ World News ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/931-5e60bf5d
trackback