見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
05≪ 2017| 12345678910111213141516171819202122232425262728293006/ ≫07
涼風の多摩川花火大会
TamaHanabi81813-1.jpg
見物客で賑わう、花火直前の多摩川の河川敷。

毎年恒例、8月17日に行われた “多摩川花火大会” に行ってきました。多摩川の河川敷で打ち上げられるこの花火大会は、世田谷と川崎の2箇所で同時に打ち上げられる独特のスタイルで、その数各6000発。いつもは世田谷側の “たまがわ花火大会”(川崎側は多摩川花火大会)を見に行っていたので、今年は川崎側に行ってみることにしました。打ち上げ場所が、それぞれ多摩川の上流と下流なので、スポットによっては両方見ることができるんです。今回はちょっと穴場スポットを狙って、ほとんど混みあうことなく両方の花火を堪能してきましたよ〜。


続きはこちらから
  ↓↓↓




TamaHanabi81813-2.jpg TamaHanabi81813-4.jpg
土手に座って見物する人たち。(左)紅く染まった夕焼けが美しい。(右)

今回穴場スポットとして狙ったのは “多摩川遊園”。打ち上げ場所からは、多摩川の河川敷の下流に位置していて、最寄り駅は東急大井町線の等々力駅になります。

TamaHanabi81813-5.jpg
多摩川遊園はご覧の通り、スペースにかなりのゆとりがあります。

大半の人が二子玉川駅と二子新地駅で降り、ホームの段階から大混雑になるのですが、わずか2駅先の等々力駅はのんびり座って電車に乗れるほどの余裕がありました。

TamaHanabi81813-6.jpg
技術不足で、あまりいい写真が撮れなかった・・・。

駅から15分ほど歩いて河川敷に。花火の直前にも関わらず、スペースはかなりありました。適当な場所に陣取り、カメラと三脚をセッティング。今回は7Dを持って行きましたよ〜。

TamaHanabi81813-7.jpg
練習しながら少しずつ良い写真が撮れるように頑張ります。

さて、一眼レフでの花火の撮影なわけですが、なかなか難しいですね、花火って。一応基本的なセッティングはしたつもりなんだけど、うまく撮れてないですね〜・・・。

TamaHanabi81813-11.jpg
のんびり花火を鑑賞。

穴場スポットとしての多摩川遊園は、世田谷と川崎の両方の花火を視界に収めることができ、かつ比較的混雑せずに見れるのがメリットです。混雑しないので、オススメかな。

TamaHanabi81813-10.jpg
右奥に世田谷側の花火が見れるんだけど、向こうのが派手だったなぁ・・・。

デメリットもあります。まず、メインが川崎側の花火になるのですが、こちらの花火は、世田谷側より地味で大人しいです。なんとなくテンポも悪かった印象でした。

TamaHanabi81813-8.jpg
花火からやや遠いのが残念だった。

もうひとつのデメリットは、花火からちょっと距離があることです。世田谷側の花火も見えることは見えるのですが、やや遠方でドンパチやってる感覚です。次はもう少し手前のスポットを狙うか、やっぱり世田谷側をメインに見えるところがいいのかなと思いました。

TamaHanabi81813-9.jpg
混雑を避けて穴場スポットを利用するのはオススメ。

花火大会は19時〜20時の約1時間なのですが、6000発(世田谷側も会わせると12000発)は短かったです。前回の神奈川新聞花火大会の15000発がすごすぎたというのもあって、思ったよりあっけなく終わってしまった印象かな。ただ、例年今の時期は、夜でも汗ばむくらいのすごい熱気だったのに、今年は夏とは思えないほどの涼しさ。そして、穴場スポットを利用して、行きも帰りもほとんど混雑せずにスマートにアクセスできたので、とっても楽でした。




  

関連記事






exclusive60g.png

2013'08'18(Sun)22:28 [ Daily Life ] CM2. TB0 . TOP ▲
COMMENT


こんにちは~

両方の花火が見れるのは、
本当に穴場ですね。

合わせて12000発は、
迫力あります。

涼し気なのもいいですね(^^)
2013/08/21 06:12  | URL | flowerh #- [edit]


flowerhさん、こんにちは!

両方の花火が鑑賞できるスポットは限られているので、
混雑回避も含めてオススメです。

今回は下流で、川崎側の花火をメインで見たので、
来年は上流の、世田谷側の花火をメインに見れるスポット
にチャレンジしてみようと思ってます。
2013/08/21 21:13  | URL | Garyo #- [edit]
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/932-587d36f3
trackback