見上げれば、そのすべては自由なのだから  GOLD EXPERIENCE: 世界を旅する黄金体験
04≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303105/ ≫06
セビーリャ、1人旅の「寂しい」バル
最近日本でも見かけるようになってきた “バル”(Bar)。日本で言う、カフェであり、レストランであり、居酒屋のような店で、スペインでは街の至る所にあり、連日賑わっている。

Sevilla120513-1.jpg
セビーリャの人気のバル。日本人から見ても洒落た外観だ。

朝から営業しているバルなのだが、個人的なイメージとしては、やはり夜のイメージが強い。夕方頃から仕事を終えた人々が集まりはじめ、食事とお酒を楽しみながら雑談を楽しむ店、というイメージ。雰囲気の良い洒落た店が多く、日本人からしてもなかなか居心地がいい。

Sevilla120513-2.jpg
カウンターの上には、イベリコ豚のハムがたくさんぶら下がっていた。

スペイン滞在中、夜に時々バルを利用したのだが、1人旅だったので、スペインではいつも1人でバルやレストランで食事をするのが寂しかった。バルは気軽に入れる店なので、1人で店に入っても問題はないのだが、店内が雑談で盛り上がる中、1人で過ごすというのは寂しいものだ。

Sevilla120513-4.jpg
夜の幸せな一時。ビールとおかわり自由のパン。

さて、バルに入って食事をする。バルのメニューは軽食が中心で、基本的には酒のツマミ的な小皿 “タパス”(Tapas)を注文することになるのだが、1人なので、ビールと、イベリコ豚のハムとポテトフライの2皿を注文したのだった。注文するとパンがテーブルに置かれた。

Sevilla120513-3.jpg
店の外にも席があり、皆楽しそうにおしゃべりしていた。

まずは1杯。ビールうめー!とか思いながら、店内を眺める。スペイン人の楽しみはバルで過ごす一時なんじゃないかと思えるほど皆楽しそうに過ごしている。スペインを旅して思ったのだが、スペイン人は物質的なものより、家族や友人たちとのコミュニケーションを大切にしているようだ。この点に関しては、日本とは随分違うように感じたし、うらやましいと感じる。

Sevilla120513-5.jpg
イベリコ豚のハムとポテトフライ。量がものすごい・・・。

えっ落ち?もちろんありますよ。注文したタパスのプレート、笑っちゃうほど量が多いんですよ。写真だとちょっと分かりにくいんだけど、ポテトが大皿に山盛りで、大量のケチャップ&マヨが。イベリコ豚のハム・・・というかサラミみたいのなんだけど、こちらも1人では無理な量。いや、食べましたよ、必死で。残すのもったいないし。味はおいしいんだけど、塩気が強いし、完食するのが大変でした。店には1人でも入れるけど、小皿とはいえ数人でつまむような量だったりするので、参りました。とにかくスペインはそんな感じの店が多かったです。




  
関連記事









exclusive60g.png

2013'12'05(Thu)12:22 [ セビーリャ ] CM0. TB0 . TOP ▲
COMMENT
コメントする














秘密にする?

    
この記事のトラックバックURL
http://thegoldexp.blog99.fc2.com/tb.php/974-d255d44f
trackback